【時論】韓国の気象領土を広げよう(1)

【時論】韓国の気象領土を広げよう(1)

2012年06月19日10時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  測雨器は世宗(セジョン)大王時代の1441年に発明された。1592年のガリレオの温度計と1643年のトリチェリの水銀気圧計発明よりはるかに早い世界初の気象観測装備だ。最近韓国の気象分野はそのDNAを活用してもう一度輝かしい発展を繰り返し、世界7位圏の気象大国に発展した。

  20年余り前に単純な天気図と予報官の経験にだけ依存した古い予報方式から脱却し、初めて数値予報を始めた。全世界からリアルタイムで収集される気象資料を入力しスーパーコンピュータに装備された予測モデルで気象予報を生産する。ここに予報官の冷徹な判断力とこれまでのノウハウまで加え正確度の高い気象予報を提供する。このために2600億ウォン(約177億円)の海外の気象装備を輸入し気象インフラを構築した。このように気象資料と予測モデル、予報官の能力という3拍子をあまねく備えながら気象分野は新たな跳躍が可能になった。

  最近韓国気象庁は本来の業務である気象予報だけでなく、開発途上国から気象技術移転と教育研修要請を受けている。この10年余りの間56カ国以上の海外気象予報官に韓国の気象予報、衛星技術、情報通信技術などを教育・訓練した。開発途上国の気象庁の要請で気象諮問官を派遣し開発途上国の気象業務近代化も支援している。東南アジアとアフリカでは韓国が短期間に気象大国に発展した秘訣に非常な関心を見せており、「気象韓流」が吹いている。

  しかし輝かしい発展にもかかわらず、韓国の気象産業基盤はまだ弱い。世界の気象装備市場は日ごとに規模が大きくなっている。米国は9兆ウォン、日本は5兆ウォン規模だ。だが、韓国の気象産業市場は2010年基準で644億ウォン水準にとどまっている。そのうち70%を気象庁の装備購入が占めている。このため気象装備納品業者同士の受注競争が過熱されるほかはない。

  

【時論】韓国の気象領土を広げよう(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事