韓国は「電力の孤島」…原発に代わる電力ない(2)

韓国は「電力の孤島」…原発に代わる電力ない(2)

2012年06月11日11時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  --太陽光など再生可能エネルギーが原発を代替すべきだという声が高まっている。

  「そういう時代が一日も早く来ればいい。そうなれば、国民や環境団体が原発廃止を叫ばなくても、市場の論理によって自動に消えていくだろう。しかし現実は非常に難しい。再生可能エネルギーが原発に代わるには、経済的にも技術的にもまだあまりにも不足している。再生可能エネルギーが原発の代わりをするまでは、2つのエネルギー源が共存しなければならない。原発を再生可能エネルギー時代が来るまでのエネルギー源と考えてほしい」

  --環境運動連合が最近、原発事故に対する仮想実験で、最大85万人ががんで死亡するという主張をした。

  「環境運動連合の実験は非正常的な仮定とシナリオを根拠にしている。韓国の代表的な環境団体の信頼性に汚点を残した。国民を公然と不安に陥れるという点で遺憾だ。実際、チェルノブイリ原発事故当時、放射線被ばくによる死者は28人だ。福島原電事故による被ばく死亡者は現在まで発生していないと確認されている」

  --原発の納品不正と古里原発の完全停電事故の隠蔽に冷ややかな視線が向けられている。

  「最近、原子力に関連した一連の事件で国民の信頼を失ったのは事実だ。しかしより大きな問題が発生する前に痛い予防注射を受けたと考える。国民の十分な理解なしに原子力を有効な資源として利用するのは不可能だ。このために原子力技術に対する信頼とともに、その技術を動かす原子力界の従事者の奉仕精神と倫理意識を向上させなければいけない」

韓国は「電力の孤島」…原発に代わる電力ない(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事