2PM、日本の武道館に響いた6日間の歓声(2)

2PM、日本の武道館に響いた6日間の歓声(2)

2012年06月01日11時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本の武道館で6日間連続公演を開催したグループの2PM。
  6日間の公演は、2PMのメンバー数「6」に意味づけしたものだ。チャンソン・テギョン・ウヨン・ニックン・ジュンス・ジュンホの順に1日交代でメンバーがソロステージを繰り広げてファンの心をつかんだ。最高潮の盛り上がりを見せた最終日の公演は、“野獣アイドル”の華やかなダンスでスタートした。

  「Tired Of waiting」「I hate you」などのヒット曲が続くと、1万人の観客は総立ちのまま韓国語の歌を2PMの後について歌い始めた。テギョンは骨折した左腕にギブスをはめてステージに上がり、会場ムードを盛り上げた。「Take off」の時は、観客全員が歌と飛行機ダンスを真似る面白い風景も繰り広げられた。メンバーのジュノのソロステージでは、自ら作曲した「君がいれば」を歌って客席から歓呼を呼び起こし、グループの男性美が強調された「I’m your man」のネクタイダンスが始まると、客席は熱く盛り上がった。今月6日に発売される新しいシングル「Beautiful」のステージでは、難易度の高い椅子パフォーマンスが披露され、会場内に赤いバラの花が飛び散ると公演はピークに向かった。最後の歌「Don’t Stop Can’t Stop」が終わっても、ファンは席を離れられないまま「2PM!」と叫び、アンコール曲「Hands up」を最後に、2時間30分の熱い公演は幕を閉じた。

  今回の公演は、今年2月の前売り券発売開始と同時に、1分で6万枚のチケットが完売した。ファンからのリクエストで、6月5~6日には横浜アリーナ(合計2万4000席)で追加公演を行う。

  ●…メンバーたちは1日交代でソロステージを行い、毎回のように見どころを観客に披露した。チャンソンはミュージカルを見ているかのようなダンスを、テギョンは自作曲2曲を披露した。ニックンはブルーノ・マースの「Just the way you are」のピアノ弾き語りをファンにプレゼントした。ウヨンは中島美嘉の「ORION」を日本語で歌い上げた。なかでもジュンスは、今年初めにこの世を去った父親を思いながら作った「離れていても」を歌って感動を呼び起こした。そばにいたメンバーもジュンスの歌に目頭を赤くし、観客も涙をぬぐった。

  ●…2PMのメンバーが、SBS(ソウル放送)のオーディション番組「KーPOPスター」に出演した所属事務所代表のパク・ジニョンの審査評価が面白かったと話し、目を引いた。ジュノは「私たちが演習生の時にいつも耳にしていたことが、放送でも聞かれて不思議で面白かった」とし「たまにジニョンさんが教えてくれた『空気半分、音半分』を守っていても声が裏返ったりするが、長年の経験から体得したジニョンさんのアドバイスはとても役に立っている」と微笑ましく語った。

  ●…メンバーのテギョンは「筋肉があまりにも多くて腕が折れた」と話した。テギョンは公演前の記者会見で「上腕骨が骨折して手術を受けた。鉄の芯を入れている状態だ」とし「腕相撲している途中で骨折したと言うと、信じられないという人も多かった。本当に腕相撲していて骨折した。筋肉の多い人は腕相撲をしてはいけないらしい。上腕二頭筋と三頭筋が急に大きくなり、筋肉に押されて骨が折れたという診断だった。運動を少し控えなくては」と、骨折にまつわる裏話を伝えた。

2PM、日本の武道館に響いた6日間の歓声(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事