【社説】今はもうノーベル賞受賞に向かって=韓国

【社説】今はもうノーベル賞受賞に向かって=韓国

2012年06月01日11時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  故朴泰俊(パク・テジュン)ポスコ名誉会長が生前に夢見たことが昨日、実現した。26年前に浦項(ポハン)の荒野にPOSTECH(旧浦項工大)を設立し、世界的な理工大学に育成すると語っていた朴泰俊会長の夢が、英ザ・タイムズ世界大学評価でPOSTECH1位という結実で表れたのだ。今回の評価は設立50年以内の大学を対象に実施されたもので、米国と英国の名門大学が評価対象から抜けているが、それでも軽く受け止めることではない。特に研究中心大学を目指してきたPOSTECHの成果が世界的に認められたという点で、今回の評価結果は韓国大学の歴史を新たに刻む快挙といえる。

  朴泰俊会長の夢はPOSTECHを米カリフォルニア工科大(Caltech)のような研究中心大学に育てることだった。カリフォルニア工科大は規模は小さいが、ノーベル賞受賞者を31人も輩出するなど‘小さくて強い’強小大学だ。このため未来のノーベル賞受賞者の銅像を設置する場所もPOSTECH内には準備されている。しかし1986年の設立以降、まだこの席は空いたままだ。ノーベル賞受賞自体が韓国科学界の目標になることはないが、韓国の経済力や国力を他国と比較してみても、今はもう韓国の科学者がこれを手にする時期に来ている。

  このためにPOSTECHは自らに問うてみる必要がある。未来を担って行くグローバルリーダーを育成するために教授陣が教育の質の向上に力を注いでいるのか、卓越した研究成果を出すために自己革新を実践しているのか。今回の評価発表を契機に、POSTECHが進むべき方向はより明確になった。韓国の科学レベルを高める人材を育成し、産業界に必要な知識を創出して伝え、教育で報国する道だ。21世紀、国力は科学技術によって左右されるため、POSTECHにかかる期待は大きい。それが生前に教育革命家と呼ばれることを望んだ朴泰俊会長の夢でもある。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事