“抗日精神”だから困る?…ドラマのキャスティングを拒んだ韓流スターに非難の声(2)

“抗日精神”だから困る?…ドラマのキャスティングを拒んだ韓流スターに非難の声(2)

2012年05月24日15時21分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
KBS(韓国放送公社)第2テレビの新ドラマ「カクシタル」のワンシーン。
  ◆ “抗日作品”は日本活動への大きな障害になる?

  日本で活動中のある女優の所属事務所関係者は「日本では“抗日作品”が障害になりうる」との意見を出した。この関係者は、「最近、ミュージカル『明成皇后(ミョンソンファンフ)』の日本公演に関しても、日本側との歴史認識の違いを問題視して取り止めになった」と伝えた。ひとまず“抗日作品”には色眼鏡で見るということだ。また「作品の内容や質は別問題として、日本で“反韓流”を押し出せば、俳優のイメージが大きく傷ついてしまうのが実際の話だ」と伝えた。数年間かけて日本で積み上げてきた俳優の名声も、一瞬にして水の泡になるだろうと指摘した。

  関係者は「韓流スターが日本で成功したいなら、フレンドリーなイメージで現地ファンの心をつかまなければならない。しかし“抗日作品”に出演すれば、俳優とファンの気持ちの間にどうしてもひびが入ってしまう。人気に直接、影響が及ぶ」と説明した。

  最近の「キム・テヒ事件」も俳優の“抗日作品”を避けようとする動きに一役買った。キム・テヒが2005年にスイス・チューリヒで、独島(ドクト、日本名・竹島)は韓国の領地であることを広めるイベントに参加し、「反日女優」というレッテルを貼られた。その後、右翼団体の脅迫で2月に東京で開かれる予定だったキム・テヒのCM発表会が取り消されたうえ、「キム・テヒ、日本から出て行け」と主張する抗議デモも続いている。

  この関係者は「韓流が成長すると同時に、反感も大きくなっているのは事実。今ようやく人気が出てきた韓流スターの場合、ドラマ一本のせいで、これまで積み上げてきたイメージが一瞬にして吹き飛ばされかねないという不安は相当なものだろう」と伝えた。

  

“抗日精神”だから困る?…ドラマのキャスティングを拒んだ韓流スターに非難の声(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事