幕を上げた麗水万博、一番乗りは日本人“エキスポマニア”

幕を上げた麗水万博、一番乗りは日本人“エキスポマニア”

2012年05月14日08時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
麗水万博開幕後初めての休日となった13日、展示場を訪れた観覧客がビッグオー海上ステージで海上ショーを観覧している。海上ショーは韓国の伝統民俗芸能を基にロードパフォーマンス、芸術サーカス、海上スタント、噴水ショーなどを加味した異色な公演で毎日午後2時から70分にわたり行われる。
  「真棒(本当にすばらしい)、真棒」。13日午後2時、麗水(ヨス)万博の「ビッグスリー」のひとつのスカイタワー前。中国人観光客4人が高さ67メートルの展示物を見上げていた。彼らはセメントを保存した廃サイロを世界で最も大きい音のパイプオルガンに改造したというコンパニオンの話に感嘆を禁じえなかった。

  93日間にわたり世界の耳目を集中させる麗水万博が12日に幕を上げた。観覧客第1号の栄誉は神戸から高速船に乗りこの日午前3時50分から入口で待った日本人の二神敦さんのものとなった。彼は8歳の時に故郷の神戸で開かれた博覧会に接してから11の博覧会を観覧した「博覧会マニア」だ。

  開場序盤の観覧客はテーマ館・国際館など76の展示館を見て先端ITとコンテンツが結びついた海洋博覧会の妙味を楽しんだ。4大特化施設のスカイタワーとデジタルギャラリー、ビッグオー、アクアリウムには1日中観覧客の足が続いた。全般的に順調だったがあちこちで問題も現れた。昼休みになると食堂周辺が大変な混雑になったりもした。市内各地のバスレーンに乗用車で進入する人も少なくなく眉をひそめさせた。11日に開かれた前夜祭と開幕式には韓国4大財閥の総師がだれも参加せず財界の関心が足りないのではないかとの指摘も出た。

  序盤の興行も厳しい状況だった。観覧客が開場初日の12日が3万5660人、2日目の13日が2万8300人にとどまったためだ。入場券前売り規模も11日現在145万枚で、開幕前の目標だった300万枚の半分を下回っている。

  組織委員会は序盤の観覧熱気が低い原因として、外地車両の麗水進入遮断と韓国企業の消極的な参加余波などと分析している。麗水万博組織委員会のチョ・ヨンファン副報道担当者は「2010年の上海万博も開幕から1カ月は観覧客規模が予想の半分水準だった。うわさが広がり休暇シーズンになる7~8月になれば変わるだろう」と話した。

  当初目標にした経済的波及効果を達成するためには最低800万人が集まらなければならない。1日平均10万人に近い規模だ。組織委員会は今回の万博を通じ5兆7000億ウォン(約4000億円)の経済効果を上げるとみている。博覧会場建設とインフラ整備に使った事業費2兆1590億ウォンと観覧客が支出する1兆2400億ウォンを考慮して算出した結果だ。組織委員会は過去のソウルオリンピック、大田(テジョン)万博、ワールドカップなど主要行事で現れた投入費用対効果を基にこうした予測をした。

  国土海洋部のオ・ウンヨル海洋政策課長は、「観覧客が少ない5月がかえって万博を楽しむのに最も良い時期という点を内外に積極的に広報している」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事