“世代交代の信号弾” 北人民武力部長に金正覚氏を任命

“世代交代の信号弾” 北人民武力部長に金正覚氏を任命

2012年04月11日09時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮人民武力部長に任命された金正覚氏。
  北朝鮮が党代表者会を翌日に控えた10日、金正覚(キム・ジョンガク)軍総政治局第1副局長を人民武力部長に任命した。北朝鮮の朝鮮中央放送は10日午後、金正覚氏を人民武力部長として報道した。

  平安南道(ピョンアンナムド)チュンサン郡で生まれた金正覚氏は、1959年に人民軍に入隊し、大隊長と訓練所参謀長を経て、07年10月に総政治局第1副局長に任命された。人民武力部は国防委員会傘下の執行機構で、韓国の国防部に該当する。傘下の総政治局・総参謀部・保衛司令部などを通じて、正規軍の軍務を総括・執行する。金英春(キム・ヨンチュン)前人民武力部長がどこに異動したかは確認されていない。

  また、9日の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長推戴19周年記念中央報告大会に次帥軍服を着て登場した崔竜海(チェ・ヨンヘ)党中央委員会勤労団体担当秘書(62)は、国防委第1副委員長または人民軍総政治局長に任命された可能性が高い。金日成・金正日親子の信任を受けた崔竜海氏は10日付の労働新聞1面で、異例にも李英浩(リ・ヨンホ)総参謀長のすぐ前に名前が載った。

  チョン・チャンヒョン国民大教授は「従来の金英春・呉克烈(オ・ククリョル)で代表される革命第2世代が退陣し、これより10-15歳ほど若い2.5世代の後発走者を現職に座らせた」とし「金正恩体制に合わせた世代交代の信号弾」と解釈した。一方、11日の第4回党代表者会では金正恩が総書記に就任する見込みだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事