日本モスバーガー、韓国産の食材で勝負...韓国へ本格進出

日本モスバーガー、韓国産の食材で勝負...韓国へ本格進出

2012年04月04日15時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本ハンバーガーブランド1位の「モスバーガー」が韓国に本格的に進出する。
  日本ハンバーガーブランド1位の「モスバーガー」が韓国に本格的に進出する。

  モスバーガーコリアは4日、ソウル江南(カンナム)本店で記者懇談会を開き、年内に10店舗をオープンし、5年以内に50店舗まで拡大する計画だと明らかにした。

  モスバーガーコリアはメディアウィルホールディングスと日本モスフードサービスが設立した合弁法人。 韓国で力を注ぐ主要メニューはモスバーガーを筆頭にテリヤキバーガー、ライスバーガーなど代表的ハンバーガー22種類のほか、独特な味がする「メロンソーダ」飲料など。

  モスバーガーコリアはすべての食材に韓国産を使用し、輸入肉類については原産地と生産者を表記し、食品の安全性を高める予定だ。

  この日の懇談会に出席した櫻田厚モスフードサービス代表(CEO)は「韓国のハンバーガー市場の競争は非常に激しい状況だが、健康を考える消費者の気持ちは世界のどこでも同じく通じる。健康な味と誠意を込めたモスバーガーの真心が韓国の消費者にも通じるだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事