韓国の新古里原発も停止、次はどんな事故が…

韓国の新古里原発も停止、次はどんな事故が…

2012年03月26日15時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先月9日に発生した古里(コリ)原発1号機の電力供給中断事故に続き、23日には試験稼働中だった新古里原発2号機の稼働が停止した。 今回は部品の故障が原因という。 新古里2号機は昨年12月2日から試験稼働に入った新しい原発だ。 ところが4日に続いてすでに2度目の故障が発生した。 韓国水力原子力(韓水原)側の言葉通りなら、大したことではないようだ。 メーン給水ポンプは停止したが、補助給水ポンプが作動して原子炉を冷やしていて、安全には問題がないと説明している。

  しかしなぜか不安だ。 原子力発電に対する不信感が深まったため、韓水原側の言葉をそのまま信じるのが難しくなった。 古里1号機事故が職員の過失、ずさん管理、報告隠蔽、遅い対応など人災によるものという結論が出されたからだ。 原発に対する不安感のため、1号機付近の住民は恐怖を感じている。 最近の住民懇談会では「国際機構が安全を点検するべきだ」という主張が多かったという。 さらに住民が原発運営を監視すべきだという声も出てきている。 住民の生命を問題が多い原子力関係者の手に任せることはできないということだ。

  これがすべてではない。 先月15日には保寧(ボリョン)火力発電所1号機と2号機の間の電力室で火災が発生し、現在1、2号機が稼働中断状態だ。 火力発電所の火災は普段ほとんど聞かないニュースだが、いかなる原因であれ、管理が徹底されていないという傍証だ。

  列車はどうか。 地下鉄と高速鉄道(KTX)列車では逆走が頻発している。 KTXのソウル発・釜山(プサン)行き列車が22日、東大邱(トンテグ)駅を300メートルほど通過した後、逆戻りして乗客を乗せたという。 機関士が停車駅を錯誤したというのが理由だ。 日本の新幹線なら市民の抗議で大騒ぎになっていたはずだ。 地震など特別な場合でなければ、新幹線は1分の誤差も許されない。 解氷期に近づいたが、社会のあちこちでねじが外れているようだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事