「韓国、北の延坪島襲撃直後に大規模な報復を検討」

「韓国、北の延坪島襲撃直後に大規模な報復を検討」

2012年03月09日10時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ジェフリー・ベイダー元米国家安保会議(NSC)アジア上級部長は8日(現地時間)に出版を控えた著書『オバマと中国の浮上』で、「韓国は2010年12月、局地対応をはるかに越えるレベルの報復を検討していた」と主張した。韓国政府が当時、強力な軍事攻撃に乗り出すことを検討したという意味と解釈される。

  ベイダー氏は「オバマ政権の多くの人たちは、北朝鮮の核問題の長期的な解決策は北朝鮮の崩壊と韓国への吸収統一だと信じていた」と伝えた。また「このように信じるだけでは中短期的な脅威に対処できなかったため、遅延(slow down)、凍結(freeze)、分解(degrade)という戦略が必要だった」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事