韓米合同訓練を控え、北朝鮮が脅迫のレベルを高める

韓米合同訓練を控え、北朝鮮が脅迫のレベルを高める

2012年02月27日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が対南挑発を示唆する脅迫のレベルを高めている。韓米キー・リゾルブ演習(27日から)とトクスリ(鷲)訓練(3月1日から)を控えてだ。

  朝鮮中央通信は26日、「金正恩(キム・ジョンウン)最高司令官が延坪島(ヨンピョンド)火の海当時に世間に名前が知られた部隊などを訪問し、有事の際の打撃を指示し、激励した」と伝えた。韓国政府は、金正恩が25日に北方限界線(NLL)最前方の人民軍第4軍団の部隊を視察したとみている。延坪島砲撃の挑発をした部隊だ。金正恩は昨年11月25日、金正日(キム・ジョンイル)とともに第4軍団を訪問しているが、単独でこの地域を訪れたのは初めてとなる。

  中央通信は金正恩の第4軍団訪問状況を異例にも詳しく伝えた。金正恩が西海(ソヘ、黄海)が見える部隊監視所に立つ姿を放送しながら、「ペクリョン島が見える海岸砲隊監視所」「ペクリョン島に駐留する南側第6海兵旅団配置状況を点検」など、韓国側の地名に何度か言及した。

  また通信は「第403軍部隊第4大隊は延坪島火の海とともにその名前が世間に広く知られた部隊」とし、金正恩が白頭山(ペクドゥサン)革命強軍の銃隊と本当の戦争を味わわせた軍人の偉勲を高く評価した、と伝えた。また「2010年末に実際に延坪島に砲撃を加えた軍人が訓練に参加した。西南戦線地区は今すぐにも戦争が起きる可能性がある地帯。敵が祖国の海を0.001ミリでも侵犯すれば、敵の頭の上に強力な報復打撃を浴びせろ」という金正恩の発言を伝えた。

  これに先立ち25日には北朝鮮国防委員会が報道官声明で、「好戦狂を埋葬するための民族全体的な聖戦に進入する」と明らかにした。特にキー・リゾルブ練習などと関連し、「われわれの戦争方式、世の中が知らない強力な打撃手段で、李明博(イ・ミョンバク)逆賊一味と内外好戦狂をこの地から完全に掃討することになるだろう」と脅迫した。

  米国にも矛先を向けた。「米帝侵略軍の連中をこの地から追い出すための強力な闘争に総進入する。核兵器は米国だけが持つ独占物ではない」とし「われわれには米国の核兵器よりも威力がある戦争手段と誰も持たない最先端打撃装備がある」と主張した。

  金正恩の第4軍団視察報道と国防委の声明は20日、西北島嶼地域の海兵隊海上射撃訓練に対応しながらキー・リゾルブなど予定された韓米軍事訓練に圧力を加える目的から出てきたというのが有力な分析だ。最前方を訪れる金正恩の対南強硬発言でカリスマを見せようとする国内政治用という見方もある。

  問題は実際の挑発の可能性だ。韓国政府の当局者は「北朝鮮の挑発の兆候は現在のところない」と述べた。また「北朝鮮指導部は4月11日の総選挙と大統領選挙を控え、南側の政権交代に力を注いでいると分析される」とし「過去の経験上、挑発が与党に役立つと判断すれば、実際には挑発をしない可能性が高い」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事