K-POP動画、ユーチューブで昨年23億回照会(1)

K-POP動画、ユーチューブで昨年23億回照会(1)

2012年01月02日11時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
少女時代。
  韓国大衆音楽が世界を動かした。昨年世界最大動画サイトのユーチューブでK-POP動画の照会回数が約23億回に達したと調査された。中央日報が単独入手した2011年のユーチューブのK-POP動画照会数資料(SM・YG・JYPエンターテインメント基準)によると、ユーチューブに上げられたK-POP歌手のミュージックビデオなど各種動画は昨年1月1日から12月5日まで、235カ国で22億8665万回照会されたことがわかった。

  K-POPブームはこの1年間で急速に世界に浸透した。日本や東南アジアなどアジアに限定されていたK-POPの人気が欧州や北米、南米、中東など世界各地に広がった。ユーチューブのK-POP動画は2010年基準で約8億回照会されたが、昨年は約23億回で3倍近く増えた。一度でもK-POP動画を照会したことがある国も2010年の229カ国から昨年は235カ国に増加した。量的・質的進化を繰り返しながらK-POPは世界的文化現象として浮上した。

  昨年のユーチューブのK-POP照会数を国別に見ると、▽日本が4億2300万回▽米国が2億4000万回▽タイが2億2000万回▽台湾が1億8000万回▽ベトナムが1億7000万回の順だった。年間照会数1000万回以上を記録した国は21カ国に達した。

  100万回以上照会された国では、アラブ首長国連邦の480万回、クウェートの170万回など中東の国も多く含まれた。バハマの6万4000回、グアドループの5万7000回など、見慣れない名前の国も多く、インターネット接続統制国の北朝鮮も188回の紹介歴があり目を引いた。

  グーグルコリアのヨム・ドンフン代表は、「2011年はK-POPに対する関心が短期的な現象でなく世界的なトレンドに定着した元年だった。2012年もK-POPをはじめとする新韓流の流れが持続的な影響力を発揮するだろう”と分析した。

  ◆グローバルコンテンツとして定着=K-POPは最近ユーチューブで別途の音楽ジャンルに分類された。ユーチューブの音楽カテゴリーはジャンルによりポップ・ロック・R&B・ラップ・フォーク・ラテン・レゲエなど23種類に分類されており、K-POPがこの音楽ジャンルのひとつに含まれた。ユーチューブ関係者は、「厳密に言えばK-POPは音楽ジャンルではないが、世界的な関心度を反映して別途のジャンルに分類した。特定国の音楽がひとつのジャンルに分類されたのは初めて」と明らかにした。

  このようにK-POPはグローバル文化コンテンツとしての位置付けを確実に固めているところだ。昨年のK-POP動画照会数をみれば、米国や英国など伝統的なポップ音楽大国で照会数が急増したことがわかる。

K-POP動画、ユーチューブで昨年23億回照会(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事