サムスン電子、ノートブック・タブレット結合の「スレートPC」発売

サムスン電子、ノートブック・タブレット結合の「スレートPC」発売

2011年11月10日14時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
9日、ソウル瑞草洞(ソチョドン)サムスン電子社屋で、モデルが「スレートPCシリーズ7」を紹介している。
  サムスン電子はタブレットの携帯性とノートブックの性能を兼ね備えた「サムスンスレートPCシリーズ7」を9日に発売した。 「スレートPC」はマイクロソフトのウィンドウズOSが搭載されたタブレット形態のPCを意味する。 タブレットの主要機能はもちろん、一般パソコンと同じ作業が可能な新しいコンセプトの機器。

  同社ITソリューション事業部の南晟祐(ナム・ソンウ)副社長は「スレートPCはタブレットとノートブックの間で不便を感じてきた消費者の要求を徹底的に反映して作った製品」と紹介した。

  新製品は一般ノートブックより小さくて軽いが、高級ノートブック並みの性能を持つ。 インテルのCore i5CPU、4GBメモリー、スーパーブライトプラスディスプレー(11.6型)を搭載した。

  入力方式も多様化した。 タブレット特有のタッチ方式入力はもちろん、キーボードとスタイラスペンもある。 国内価格は179万ウォン(約13万円)。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事