韓国、2020年には素材・部品産業で日本抜いて世界4位

韓国、2020年には素材・部品産業で日本抜いて世界4位

2011年11月01日15時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国が2020年までに素材・部品産業で日本を抜くというビジョンを出した。

  知識経済部は1日、ソウル三成洞(サムソンドン)COEXで素材・部品未来ビジョン宣布式を開き、今後10年間の素材・部品育成戦略など「素材・部品未来ビジョン2020」を発表した。

  未来部品素材産業のビジョンには▽先端素材の開発▽融複合を通した部品の名品化▽健全な素材・部品生態系の構築▽グローバル供給ネットワーク主導--の4大戦略が含まれている。

  韓国政府はこうしたビジョンを通して、2020年までに素材・部品輸出6500億ドル、貿易収支2500億ドルをそれぞれ達成し、輸出比率を全体の55.0%まで増やし、2010年現在の6位(1-5位はドイツ・中国・米国・日本・台湾)から2020年には日本・台湾を抜いて世界4位になるという構想だ。

  また素材・部品中核企業の数は800社、素材・部品専門企業は6000社に増えると予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事