<野球>斗山、元西武監督の伊東勤氏を招聘

<野球>斗山、元西武監督の伊東勤氏を招聘

2011年10月28日10時43分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
元西武監督の伊東勤氏。
  日本プロ野球の元監督の指導者が韓国球団のコーチを引き受ける。

  日本のスポーツニッポン紙は28日、「伊東勤NHK解説委員(49)が2012年、韓国プロ野球・斗山(ドゥサン)ベアーズのヘッドコーチとして招聘される」と報じた。日本プロ野球出身のコーチは1980年代から韓国の舞台で活躍してきたが、1軍監督出身者は初めて。

  伊東氏は熊本県出身で、1981年に西武に入団した捕手。03年まで22シーズンの間、歴代3位となる2327試合に出場した。通算打率2割4分8厘・156本塁打と打撃は平凡ながらも、強肩と安定した投手リードで日本プロ野球の名捕手系譜を引き継いだ。通算盗塁阻止率は3割4分1厘。22シーズンでパリーグ優勝14回、日本シリーズ優勝7回を記録し、西武全盛時代の主役だった。

  04年に西武監督に就任し、初年にチームを日本一に導いた。06年まで西武は毎年ポストシーズンに進出した。しかし07年にリーグ5位に落ちた後、ユニフォームを脱いだ。

  斗山の関係者はこの日、「伊東氏とずっと接触してきたのは事実。しかしまだ契約をした状態ではない。伊東委員は『日本シリーズが終わってから契約について話し合おう』という立場」と明らかにした。

  斗山は今シーズン、金卿文(キム・ギョンムン)監督の辞任でキム・グァンス代行体制でシーズンを送った。シーズン後は監督の経験がないキム・ジンウク投手コーチ(51)を1軍監督に昇格させた。伊東ヘッドコーチ招聘を前提とした人事という評価だ。斗山の関係者は「キム監督選任前から‘先進野球’を学ぶ必要があるという意見があった」と伝えた。

  伊東氏は指導者としてはプラトーンシステムと専属捕手制を積極的に使用する細かい野球をする。また若い選手を積極的に起用するなど斗山が目出す野球とも一致する。監督初年の06年、審判の判定に激しく抗議して退場となるなど、気質が激しいところもある。日本野球に詳しいある人物は「日本野球界では『反骨精神がある』という評価もある」と紹介した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事