韓国統一相「カダフィの悲惨な最期、核放棄ではなく国民が捨てたため」(1)

韓国統一相「カダフィの悲惨な最期、核放棄ではなく国民が捨てたため」(1)

2011年10月24日08時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  柳佑益(リュ・ウイク)統一部長官はリビアの独裁者カダフィの死亡に関し、「カダフィが悲惨な最期を迎えたのは、核を放棄したからではなく、国民から見捨てられたため」と述べた。

  柳長官は就任から1カ月を迎え、21日に統一部担当記者団との懇談会を開き、「核を放棄することが利益になるという点を、北朝鮮に説得しなければならない」と強調した。

  昨年3月の韓国哨戒艦「天安(チョンアン)」爆沈挑発に対して政府が取った5・24対北朝鮮制裁措置については、「当事者が解決レベルで原因を提供した側(北朝鮮)から責任ある措置を取り、『こういうことは二度とない』という約束をしてこそ解決する」とし「こういう原則は北朝鮮の責任ある措置があるまで守っていく」と説明した。

  以下は一問一答の主要内容。

  --就任当時、対北朝鮮基調を守りながらも柔軟性を模索すると述べたが。

  「ある程度、国民的な合意と同意があるとみている。非政治・軍事部門や5・24措置の核心でない部分は例外的に緩和している。5・24措置で中断された民族語大辞典編纂事業や満月台発掘などは文化遺産保存のためのものなので承認する計画だ」

  --北側は5・24措置を解除するべきだと主張している。

  「誤った行動に代価を支払わせるという1次的な意味もあるが、もっと重要なのは今後そのようなこと(天安爆沈のような挑発)がないようにすべきということだ。一気に(5.24措置を)解除してはならない。北朝鮮が何をすべきかは自らよく知っているはずだ」

  --北側の態度の変化を待つのか。

  「難しい状況でも対話のチャンネルは維持されるのがよい。このチャンネルを開く環境をつくることに私は多くの関心を持っている」

  --中断された南北離散家族再会についての腹案は。

  「誰が先に提案するかは重要でない。政策的な準備ができれば北朝鮮の事情を見て、私たちが先に提案してもよい。状況が許す限り、早期に再会が行われるよう努力していきたい」

韓国統一相「カダフィの悲惨な最期、核放棄ではなく国民が捨てたため」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事