<カダフィ大佐死亡>トリポリ市民「神は偉大、この日を待っていた」

<カダフィ大佐死亡>トリポリ市民「神は偉大、この日を待っていた」

2011年10月21日10時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  リビア国民は一斉に歓呼した。20日、独裁者ムアマル・カダフィが逮捕され、死亡したことが伝えられると、首都トリポリ都心の殉教者広場(旧称・緑の広場)に市民が集まった。市民は「神は偉大だ(アラーアクバル)」と叫びながら車のクラクションを鳴らし、空に祝砲を打ち上げた。42年間の鉄拳統治の終焉を知らせる祭りだった。市民はカダフィの写真を破って踏みにじった。国民暫定評議会(NTC)の旗を振りながら喜びを表した。シャマン・リビア公報長官は声明で「リビア国民の偉大な勝利」と発表した。

  トリポリのある市民は「トリポリが解放されて2カ月。私たちはこの日を待ち続けてきた」と興奮を隠せなかった。ニュースを聞きてすぐに家を飛び出したというアデル マカデミさん(41)は「うれしいという言葉しかない。初めてリビアの新しい歴史を刻むことになった」と語った。

  カダフィの死亡が確認されると、カダフィ側の防衛司令官が白旗を揚げ、カダフィの息子の隠れ場所を公開するなど、親カダフィ軍の投降も相次いだ。カダフィが死亡したことで、NTCがリビア全域を掌握することになった。

  NTCの関係者はロイター通信に「17日からシルテの中心部まで進撃し、激しい戦闘を繰り広げた」とし「シルテは解放された。カダフィ残党はもう存在しない」と述べた。BBC放送によると、NTCはカダフィが射殺された地域の周辺すべての建物を捜索しているという。

  国際社会の歓迎メッセージも相次いだ。

  アフガニスタンを訪問中のクリントン米国務長官はブラックベリーフォンでカダフィが逮捕されたという内容を伝え聞いた。その瞬間、クリントン長官が喜びの声をあげ、周囲の記者らに「本当に逮捕されたのか」と尋ねられると、「私が確認した」と繰り返し話した。

  カダフィ死亡2日前の18日にリビアを電撃訪問したクリントン長官は「私たちはカダフィが逮捕または殺害されて、リビア国民がこれ以上カダフィを恐れなくてもよくなることを望む」と話した。その間、カダフィについて「正義の審判を受けることになるだろう」という程度で言及してきたクリントン長官の発言が予想外に高まった。クリントン長官はNTCに追加支援を約束し、結果的にカダフィ処断に一助する格好になった。

  マルク・ルッテ・オランダ首相は「非常によいニュース」と明らかにした。ロシアのメドベージェフ大統領は声明を発表し、「リビアに平和が訪れることを願う。カダフィの運命はリビア国民が決めなければならない」と述べた。

  世界メディアもカダフィの死亡を速報した。ロイター通信はこの日、シルテ陥落を伝えた直後、「カダフィ逮捕、両脚けがで救急車で移送中」と打電した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事