八百長波紋の元韓国プロサッカー監督が自殺

八百長波紋の元韓国プロサッカー監督が自殺

2011年10月20日16時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国プロサッカーの尚州尚武フェニックスFCのイ・スチョル元監督(45)が19日午前、京畿道城南市盆唐区(キョンギド・ソンナムシ・ブンダング)の自宅で首を吊って死亡しているところを発見された。

  イ元監督は、今年7月に金品授受や八百長波紋に連累した容疑で検察に拘束起訴され、先月懲役2年に執行猶予3年を言い渡されていた。以後、家から出ることのなかったイ元監督は、一連のことで苦しんでいたことが伝えられた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事