ジョブズがタートルネックを着た理由は? 「日本ソニーで…」

ジョブズがタートルネックを着た理由は? 「日本ソニーで…」

2011年10月13日16時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
故スティーブ・ジョブズ氏。
  スティーブ・ジョブズが生前、「ブラックタートルネック」にこだわった理由が公開された。 アップルのユニホーム制作がかなわず、「ジョブズユニホーム」を作ったのだ。 11日、米インターネットメディアgawkerはジョブズの伝記の一部を抜粋して紹介した。 ジョブズが著者ウォルター・アイザクソンに語った内容はこうだ。

  1980年代半ば、ジョブズが日本のソニーの工場を訪問した時だった。 職員が同じジャンバーを着て働く姿が目を引いた。 盛田昭夫ソニー会長は「戦後は着る服がなく、会社が服を与えたのがユニホームとして定着し、今は職員の和合に役立っている」と説明した。

  ジョブズはこれが非常に気に入った。 すぐにソニーのユニホームを制作したデザイナー三宅一生を訪ね、アップルのためにも一つ作ってほしいと頼んだ。 ナイロン材質のベストが完成した。

  ジョブズはサンプルを会社に持ち帰り、意気揚揚と職員に見せた。 「みんなこれを着て仕事をしよう。かっこいいだろう」。しかし職員は乗り気でなく、ジョブズはユニホームをあきらめるしかなかった。 ジョブズは当時をこのように振り返った。 「まったく、どれほど揶揄があふれたことか。 みんなそろって嫌がって…」。

  しかしユニホームに対するジョブズの情熱は消えなかった。 ‘アップルユニホーム’がだめなら‘ジョブズユニホーム’でも作ろうと決心した。 「毎日なにを着ようか心配する必要がないし、自分だけのスタイルもできるので一石二鳥」という考えだった。

  ジョブズは「ブラックタートルネック、リーバイス501ジーンズ、ニューバランスのグレーの運動靴」に‘ジョブズスタイル’を決め、三宅一生を訪ねて頼んだ。 「私が好きな黒のセーターを数百枚作ってほしい」。

  ジョブズの話を聞いたアイザクソンは少なからず驚いた。 ジョブズは衣装だんすを開けてアイザクソンに見せた。 本当に数百枚の同じ「ブラックタートルネック」が積まれていた。 ジョブズは語った。 「これほどあれば生涯着るのに十分だろう」。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事