これが韓国の第5代国璽

これが韓国の第5代国璽

2011年10月05日10時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の第5代国璽
  第5代国璽が4日、ソウル世宗路(セジョンロ)政府中央庁舎で公開された。新しい国璽は金2.6キロに銀・銅・亜鉛などが混ざった合金。今回の国璽は強度を高めて亀裂を防ぐためイリジウムも含まれている。

  大きさは横・縦・高さそれぞれ10.4センチ、重さは3.38キロ。現在使用中の第3代国璽(第4代は廃棄)に比べて横・縦は各0.3センチ、高さは0.4センチ長く、重さは1.23キロ増えた。

  また国璽の内部を空洞にし、印鈕(つまみ部分)と印文を分離せず一度に鋳造した。印文には鳳凰1対とムクゲ(小さい写真の左)が彫られ、文字「大韓民国」(小さい写真の右)は訓民正音解例本の書体に従った。制作費用は2億1500万ウォン(約1500万円)。

  行政安全部は今月中に国璽規定を改め、勲章・褒章証や外交文書などに新しい国璽を使用する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事