「中国、韓国戦争で韓国民に与えた傷を謝罪すべき」(1)

「中国、韓国戦争で韓国民に与えた傷を謝罪すべき」(1)

2011年10月04日15時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2日、香港金融街セントラルを訪れた香港政治学者デビッド・チュイ博士。 チュイ博士は中国人民解放軍の秘密資料を引用し、北朝鮮の6・25南侵を叙述した容疑で11年間の獄中生活を送り、6月に釈放された。 チュイ博士は「史料で証明が終わった北朝鮮の南侵と関連して北侵説が出るというのはあきれる」と述べた。
  「朝鮮戦争(6・25戦争の中国式表現の一つ)の原因は史料を通してすでに明明白白になっている。 韓国社会でまだ北侵説や自然発生的な内戦論があるというのに驚く」。

  中国人民解放軍の機密文書などを基礎に中共軍の参戦経緯をはじめとする韓国戦争(1950-53)史を中国の立場で再照明した香港政治学者デビッド・チュイ博士(徐沢栄、57)は「朝鮮戦争勃発の1次的、そして最も大きな責任は金日成(キム・イルソン)にある」とし、このように述べた。 チュイ博士は人民解放軍の秘密資料を引用した容疑で11年間の獄苦を経験し、6月に釈放された。

  チュイ博士は1999年、英オックスフォード大で「朝鮮戦争での中国の役割」という論文で博士学位を取得した。 チュイ博士は論文で韓国戦争について、金日成が企画段階から主導し、毛沢東(1893-1976)の支援意思を引き出した後、ソ連指導者スターリン(1878-1953)の批准を受けて始まった非常に計画的な戦争と規定した。

  チュイ博士がこの論文を出してから12年が経過したが、韓国の一部が南侵を歴史的真実として受け入れていない現実が信じがたいという表情だった。 チュイ博士の論文は、甕津半島などで散発的に起きた紛争が自然に南北内戦に発展したというブルース・カミングス米シカゴ大教授(68)の主張を正面から覆した。

  3日早朝、英国へ出発するチュイ博士を香港金融街セントラルで中央日報が単独インタビューした。

  --韓国社会では今でも南侵誘導説や自然発生内戦論を主張する人がいる。

  「それはありえない。 すでに史料を通して金日成が主導した南侵として証明が終わったのに…。 ブルース・カミングスの修正主義史観は双方がお互い戦争に責任があるという言葉ではないのか。 もちろん李承晩(イ・スンマン)も北侵統一主張を繰り広げた。 当時、統一意志は南北ともにあった。 しかし李承晩は米国の反対のため言葉だけ終わってしまったが、金日成は毛沢東とスターリンを引き込んで南侵を現実にした。 これのどこが同じなのか。 南侵誘導説は言語道断だ」

  --昨年、中国の習近平国家副主席が「抗米援朝戦争(米国に対抗して北朝鮮を助けた戦争という、中国当局が韓国戦争を指す用語)は正義の戦争」という発言が物議をかもしたが。

  「中国の立場で抗米援朝戦争はその言葉通り、国家安保のために国境で会うべき米軍を事前に遮断し、北朝鮮を支援した戦争という意味だ。 阿片戦争後、外国勢力に苦しんできた中国が、西側の軍隊と戦って対等な戦績を積んだという自信は国の再建で大きな資産になった。 中国の国益には大きな意義がある戦争だった」

「中国、韓国戦争で韓国民に与えた傷を謝罪すべき」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事