【コラム】大地震をお祝い? 全北の恥ずかしい応援

【コラム】大地震をお祝い? 全北の恥ずかしい応援

2011年09月30日09時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  男子バスケット韓国代表の許載(ホ・ジェ)監督が24日に中国で行った記者会見はまだ話題になっている。韓国がアジア選手権の準決勝で中国に43-56で敗れた後の記者会見だ。

  中国人記者の質問は常識外れだった。「あなたは有名な3点シューターだったが、なぜ今日の韓国選手は5%しか成功しなかったのか」「今日も審判の判定に不満があるか」など、ほとんどの質問に冷やかしだった。許監督は「ノーコメント」で応酬し、うまく処理した。

  しかしある記者が「中国の国歌が流れているのに韓国選手はなぜ動いていたのか」と尋ねると、堪忍袋の緒が切れた。許監督は「何を言いたいのか。話にもならないことを。xxxむかつく」と言いながら席を立った。中国人記者らは記者会見場を離れる許監督に「Go back home!」「bye bye」と叫びながら、最後まで揶揄し続けた。26日に帰国した許監督は「私個人ではなく韓国が無視されて腹が立った」と語った。

  27日、全州(チョンジュ)ワールドカップ競技場では全北現代(チョンブク・ヒョンデ)-セレッソ大阪のアジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグ準々決勝が行われた。

  この日、全北の応援席の横断幕に日本語で書かかれた言葉は衝撃的だった。「日本の大地震をお祝い(し)ます」。セレッソ大阪側は直ちに抗議した。横断幕は試合の前半途中に撤去された。

  しかし波紋は広がった。セレッソ大阪側は試合後、AFCに抗議文を提出した。日本メディアも報道した。日本ネットユーザーも立ち上がった。韓国ネットユーザーさえも「最低の応援」「無概念横断幕」「格が落ちる」などと批判を浴びせた。全北は29日、セレッソ大阪と日本サッカー協会(JFA)に公文書を送って謝罪した。

  中国で侮辱された許監督の対応は過度に激しかった。それでも許監督には不快感を表示する権利がある。このため韓国のスポーツファンとネットユーザーの大半が共感し、公憤を感じたはずだ。

  しかし全州で見られた言葉は国籍に関係なく、人間として考えられないほど低劣だった。こんなことしながらどうやって中国記者のレベルを非難できるのか。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事