<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(3)

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(3)

2011年09月15日14時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米国留学前の少年・孫正義。
  #父の店を救った12歳の少年 

  夢が多い少年だった私は、そのほかにも画家、詩人、政治家、事業家になってみたかった。 今でも時々、会議中にホワイトボードにトムとジェリー、スヌーピーなどの漫画キャラクターを描いたりする。 他の人たちはなかなかのものだと言う。 政治家になりたいというのは、差別を受けた在日同胞3世なら誰でも一度くらいは考えたことがあるだろう。 詩人という職業も頭にあった。

  その中でも最も現実的な夢はやはり事業家になることだった。 それなりに資質も見せた。 12歳の時のことだ。 その頃、私の家族はかなり落ち着いていた。 親が苦労を惜しまず働いたおかげだった。 父はいろいろな商売に手をつけたが、ある日突然、小さな喫茶店をオープンした。 しかし幼い私の目にも勝算がないように見えた。 駅から遠いうえ、繁華街でもなかった。 コーヒー原料業者までも供給を避けた。 商売を始めることさえできなくなったのだ。 私が知恵を出した。 父に「無料クーポンを駅前で配ろう」と言った。 父は当然、「とんでもないことを言うな」と言った。 しかし私の意志も強かった。 結局、1000枚を刷って配った。 コーヒー供給業者を招待した日、そのおかげで喫茶店は大賑わいだった。 驚いた業者はとても安く、良い決裁条件でコーヒーを供給し始めた。 初期の費用は高くなったが、すぐに投資金をすべて回収した。 店はしだいに繁盛し、数年後にはかなりの高値で売却した。

  しかし良い日は長く続かなかった。 父が血を吐いて倒れたのだ。 家族の危機だった。 1歳上の兄は長男の責任を果たそうと高校を中退した。 母と一緒に家族の生計の責任を負い、父の病院費を払った。 家庭の衰落を目にして私も必死になった。 いかなる方法でもここから抜け出そうと心に決めた。 まさにその時に坂本龍馬に出会った。

  #坂本龍馬に胸を熱くして

  一度決めたら実践しなければならない。 一度だけの人生、なにか大きなことをしよう。 日本一の事業家になろう。 私は強く決心した。 家族の問題を中長期的に解決できる道を探さなければいけない。 同時に大きい志を実現する基盤を固めなければいけない。 そう思いながら米国に留学することに決めた。 これは言わば、龍馬の「脱藩」のような行動だった。 昨年、日本で驚異的な視聴率を記録したNHKドラマ「龍馬伝」にもこれを描写した場面が出てくる。 龍馬は脱藩を悩む。 しかし家族に被害が及ばないか恐れて実行できない。 この時、龍馬の姉がこう言った。

  「龍馬、行ってこい。おまえは土佐に納まりきれる男じゃない、もっとなにやらでっかいことをやる、そのためなら自分のことはかまわん。行って来い!」

  その場面を見て涙が出てきた。 涙があふれてどうしようもなかった。 私がそれほど泣いたのは、そのストーリーに自分の過去が重なって思い浮かんだからだ。

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(2)

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事