<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(1)

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(1)

2011年09月15日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
孫正義会長は‘日本情報通信技術(ICT)界の龍馬’と呼ばれる。19世紀に龍馬が新思想・新文物を取り入れるのに率先したように、20世紀に孫会長は日本にデジタル革命の火をつけた。
  孫正義ソフトバンク会長(54)は在日同胞3世だ。昨年末基準で日本4位の富豪。年間売上高3兆円(約43兆ウォン)のアジアを代表する情報通信技術(ICT)グループを率いている。

  孫会長は日本で‘ICT業界の坂本龍馬’と呼ばれる。龍馬は明治維新の礎石を築いた日本近代化の英雄で、孫会長のロールモデルだ。孫会長は「私の巨大な夢と無謀な挑戦はすべて彼から学んだ」と語った。

  中央日報は孫会長の成功ストーリーを連載する。孫会長はこれを記念して自ら揮毫した座右の銘「志高く」を送ってきた。

  --16歳の時、一人の男に会った。私の人生の座標になった人物、坂本龍馬だ。ある日、家庭教師が馴染みのない作品を一つ勧めてくれた。司馬遼太郎が書いた歴史小説『竜馬がゆく』だった。これだと思った。

  小説の主人公、坂本龍馬は最下級の武士として生まれたが、強力な意志とビジョンで日本近代化を率いた改革家であり、卓越したビジネスマンだ。彼の人生に照らしてみると、自分自身が情けなく感じた。差別とか、人種とか、こうした問題で悩むこと自体がどれほどつまらないことかを悟った。一度だけの人生をこのように適当に過ごしてもよいのか。

  私はそれまでとは違った生き方を決心した。もちろんその時はまだ自分のやりたいことがはっきりと見えていなかった。しかし「何か大きなことをして、多くの人たちを助けたい。人生をかけてこの体がつぶれるまで燃え尽きたい」という決心だけは胸の奥に強く抱いていた。

  自分や家族の私利私欲ではなく、数千万人を助けられる何か大きなこと。金銭欲などではない。多くの人たちが「この人がいるから幸せ」と言えるほど価値あることをやり遂げようと決心した。それが16歳の少年が抱いた人生の抱負だった。座右の銘「意高く」はこのようにして私の人生の中心になった。

  ◇坂本龍馬=四国の最下級武士の家に生まれ、西欧式海軍の養成と貿易、近代政府の樹立に率先した。31歳で暗殺される。司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』を通して日本の国民英雄になった。

<創刊企画>日本IT界の神話、孫正義「志高く」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事