韓国女性4人に1人「痴漢を経験」

韓国女性4人に1人「痴漢を経験」

2011年09月02日16時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  首都圏の女性職員は地下鉄やバスを利用する際に発生する犯罪のうち「わいせつ行為」を最も恐れていることが分かった。

  京畿(キョンギ)開発研究院のビン・ミヨン研究委員は8月の1カ月間、首都圏で大衆交通を利用する女性職員300人(有効回答295人)を対象に「大衆交通内のわいせつ行為被害現況」について面接アンケート調査を実施し、その結果を1日に発表した。

  大衆交通利用時に発生する可能性が最も高い犯罪には、回答者の69%が「痴漢」を選んだ。続いて「窃盗」(24.4%)、「強盗・暴行」(6.6%)が多かった。

  また4人に1人(24.8%)はバスや地下鉄で痴漢を経験したことがあると答えた。 この1年間に2回以上の被害がある場合も30.1%にのぼった。 被害場所は「地下鉄」が67.1%で最も多く、「市内バス」(15.1%)、「バス停留場・地下鉄駅」(11%)、「高速バス・座席バス」(6.8%)の順だった。

  女性の対処方法は消極的であることが分かった。 痴漢行為があった場合、回答者の半分以上は「バスを乗り換えたり地下鉄の車両を移る」と回答した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事