韓国が国産潜水艦を初輸出、競合のフランスに勝つ(2)

韓国が国産潜水艦を初輸出、競合のフランスに勝つ(2)

2011年08月26日09時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国は5月の「T-50」高等訓練機に続き潜水艦をインドネシアに輸出することで両国の防衛産業協力はさらに強化される見通しだ。軍関係者は、「両国の軍関係者の相互訪問が最近になり増加している。インドネシア側関係者は韓国型突撃上陸装甲車(KAAV)、戦車、F-4・F-5系列戦闘機など韓国軍から退役する兵器の提供を要請している」と伝えた。インドネシア陸軍のジョージ・トイスータ参謀総長は7月に訪韓し、金相基(キム・サンギ)陸軍参謀総長に陸軍戦車近代化事業により退役予定のM-48戦車の提供を要請した。海軍もインドネシアから現在進行している潜水艦要員教育と別に追加教育を要請された状態だ。軍当局者は、「韓国軍は退役する戦闘機と艦艇などを東南アジアの国に提供してきた。インドネシアの要請を肯定的に検討している」と話した。韓国がインドネシアの潜水艦事業を受注する場合、他の東南アジアの国への輸出も期待される。中国が海軍力を増強し東南アジア諸国と領有権紛争を起こしている南沙諸島などで海軍活動を強化しているためだ。

  ◆209級潜水艦=ドイツ海軍の209級(1200トン級)を国内でライセンス生産した。敵にみつかりにくく、魚雷と機雷のほかハープーンミサイルの発射も可能だ。1999年に西太平洋訓練で209級潜水艦が魚雷実弾を発射して標的艦のオクラホマシティ(1万7000トン級巡洋艦)を撃沈し、2002年の環太平洋訓練ではハープーンミサイルを60キロメートル離れた米退役駆逐艦に命中させ能力を認められた。海軍が保有する9隻のうち1隻は独HDWで建造した完成品を輸入し、2隻は組み立て生産、残りは技術移転を通じて生産した。

  

韓国が国産潜水艦を初輸出、競合のフランスに勝つ(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事