金正日、満州鉄道で帰路に…中国指導部と接触の可能性

金正日、満州鉄道で帰路に…中国指導部と接触の可能性

2011年08月26日08時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
4泊5日のロシア訪問を終えた北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記。
  4泊5日のロシア訪問を終えた北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の特別列車が25日、中国・内モンゴル自治区の中露国境都市であるの満州里を通って中国に入った。ハバロフスクなどロシア極東地域を通るシベリア横断鉄道(TSR)の代わりに中国東北地域を通る満州横断鉄道(TMR)を利用したのだ。

  金総書記は23日、ロシアのメドベージェフ大統領とシベリア・ウランウデ付近のソスノビボル(松の森)で2時間10分にわたる朝露首脳会談を行った後、この日午後7時20分ごろウランウデ駅を出発して帰途についた。

  金総書記が鉄道を利用してロシアを訪問したのは、01年、02年に続いて今回が3度目だが、中国を通って帰るのは初めて。これに関し中国のある対北朝鮮消息筋はこの日、「金総書記が帰路に中国指導部と接触する可能性が大きい。9人の政治局常務委員のうち1人が特別列車に同乗して会談をしたり、東北3省のある場所で会談する可能性がある」と述べた。こういう目的がなければ満州鉄道を利用する可能性は低いという指摘だ。ロシアを訪問した後、帰路に移動距離を1500キロ短縮する目的で中国を通過すれば、これば外交的な非礼になるからだ。

  金総書記と中国指導者が東北地域で会談する場合、瀋陽・ハルビン・長春をはじめとする大都市になる可能性が高い。北京の外交消息筋は「金総書記がメドベージェフ大統領との会談内容を中国に通知する形で、中国との戦略的な疎通を強化しているというメッセージを送る可能性がある」と伝えた。

  この消息筋は「金総書記が黒竜江省チチハル-通遼-瀋陽-丹東の1600キロ最短ルート、チチハル-ハルビン-長春-瀋陽-丹東の高速ルート、チチハル-ハルビン-牧丹江-図們から咸鏡北道(ハムギョンブクド)につながるルートの中から一つを選択して帰国する可能性がある」と述べた。咸鏡北道につながる路線を選ぶ場合、ロシア・ウラジオストクへ行ってプーチン首相に会う可能性もある。

  一方、ヌーランド米国務省報道官は24日の記者会見で、朝露首脳会談で核実験を暫定中断する意思などを明らかにしたことに関し、「北朝鮮が核実験とミサイルの発射を中断する意思があるのなら、これは歓迎すべきことだが、6カ国協議を再開するには十分でない」と述べた。

  ◇満州横断鉄道(TMR)=中国満州北部の満州里からハルビンと長春を通って大連まで続く鉄道。中国長春鉄道ともいう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事