米国、「独島問題」で韓日に自制を期待

米国、「独島問題」で韓日に自制を期待

2011年08月03日11時38分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国務省は2日、独島(ドクト、日本名・竹島)領有権問題をめぐる韓日の葛藤に関し、両国に自制を促した。

  米国務省のトナー報道官はこの日の定例記者会見で、「韓国と日本は独島問題において今まで自制力を発揮してきた」とし「今後も韓国と日本が自制力を維持し、両国がともに受け入れられる解決策を平和的かつ外交的に見いだすことを望む」と述べた。

  トナー報道官は独島を「リアンクール岩礁(Liancourt Rocks)」と表現し、「リアンクール岩礁の主権について私たちは(特別な)立場を持っていない」と付け加えた。米国は、韓国では「独島」、日本では「竹島」と呼ばれる独島をリアンクール岩礁と呼んでいる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事