男女対決の韓国女性ファイター「日本の放送にだまされた」

男女対決の韓国女性ファイター「日本の放送にだまされた」

2011年07月29日14時39分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の女性ファイター、イム・スジョン(26、竜仁大)。
  韓国の女性異種格闘技選手イム・スジョンが3日に日本地上波TBSで放送されたスポーツバラエティーショー「炎の体育会TV2011 シュートボクシング対決2」に出演し、日本の男性コメディアン3人との激闘試合で一方的に殴られる場面が見られ、韓国で非難の声が出ている。

  韓国の国民日報クッキーニュースによると、イム・スジョンはTBS側からリアルではなくショーという話を聞いていたという。また相手の男性選手である春日俊彰はイム・スジョンが負傷中であるにもかかわらず本気で無差別攻撃をしたほか、イム・スジョンは事前の話とは違う大きなグローブを渡され、実力を発揮できなかったと怒りを爆発させた。

  韓国メディアとネットユーザーは「衝撃的だ」「非常識だ」「マナーもない」などの反応を見せており、さらに波紋が広がる可能性もある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事