韓国女性ファイター、日本芸能人3人と男女対決…「集団殴打」と非難殺到

韓国女性ファイター、日本芸能人3人と男女対決…「集団殴打」と非難殺到

2011年07月29日12時09分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の女性異種格闘技選手イム・スジョン。
  韓国の女性異種格闘技選手イム・スジョンが日本のあるスポーツバラエティーショーで、男性コメディアンと3対1で対決し、「集団暴行だ」という非難の声が出ている。

  日本地上波放送TBSで3日に放送された「炎の体育会TV2011 シュートボクシング対決2」では、‘ファイター界のキム・ヨナ’と呼ばれる韓国のイム・スジョン選手がコメディアンの春日俊彰、品川祐、今田耕司と計3ラウンドの激闘を繰り広げた。

  特にこの日の放送でイム選手と激闘を繰り広げた春日俊彰は、大学時代にアメフト選手として活動し、07年K-1トライアウトにも参加するほど格闘技に関心を持っているという。

  さらにイム・スジョン選手は防具をつけずにリングに上がった半面、相手の男性選手は3人とも防具を着用して試合に臨んだ。

  結局、イム・スジョン選手は最初のラウンドで春日のハイキックでふらつき、ニーキックとローキックを続けて食らってダウンした。2人目の品川祐手、3人目の今田耕司との対戦でも苦戦が続き、結局、引き分けで試合を終えた。

  この映像を見た韓国ネットユーザーは「これは集団殴打だ」「いくらプロ選手とはいえ、防具なしの男女対決なんて話にならない」「いくら文化が違ってもやり過ぎだ」「これは男女対決ではなく非常識な試合」などと不快感を表している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事