俳優の高岡蒼甫、韓国関連のテレビはすぐ消してしまう?…韓国で批判

俳優の高岡蒼甫、韓国関連のテレビはすぐ消してしまう?…韓国で批判

2011年07月26日11時17分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画「パッチギ!」のポスター。
  日本の俳優、高岡蒼甫が韓流熱風を非難するコメントをしたことが分かり、韓国で物議をかもしている。

  高岡蒼甫は23日、自身のツイッターに「正直、お世話になったことも多々あるけど8(注)は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。うちら日本人は日本の伝統番組を求めていますけど。取り合えず韓国ネタ出てきたら消してます。ぐっばい」というコメントを掲載して目を引いた。

  韓国のオンラインメディアを通じて彼の発言が伝わると、韓国のネットユーザーらは「劣等感が表に出た」「公の人として慎重さに欠く発言だ」「不満に思いすぎ」などと怒りを表した。

  一方、「日本人の立場からだったら、それもありうる」「韓国で日本のドラマが昼も夜も放送されると仮定してみるといい」「日本人が日本の放送を見たいのは当たり前ではないか」など彼を擁護する意見もあった。

  高岡蒼甫は映画「パッチギ!」で在日朝鮮人学生の李安成(リ・アンソン)役を熱演して韓国でも多くの人気を集めた。

  注:8はフジテレビのこと。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事