【取材日記】IT強国であることを敢えて無視する政界

【取材日記】IT強国であることを敢えて無視する政界

2011年07月05日11時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  情報技術(IT)先進国はすでに始めているというのに韓国では鈍いものがある。公職選挙への電子投票導入だ。3日のハンナラ党代表選挙で、全国単位の電子投票が国内で初めて実施された。梅雨の集中豪雨のため選挙人20万3518人のうち5万2809人だけ参加、投票率は25.9%と低調だった。しかし全国251カ所の投票所(タッチスクリーン方式開票機753台、選挙名簿検索端末機502台)では混乱なく投票が終わった。投票の結果は携帯用保存装置(USB)に封印されてソウル全党大会行事場所に移され、4日に同じく電子投票で行われた代議員投票と合計された。開票は2時間もかからなかった。

  電子投票の長所は多い。費用と時間を画期的に減らしてくれる。中央選挙管理委員会によると、紙による投票を電子投票に変えれば、選挙区当たり168億ウォン(約13億円)の費用が節約される。243区をすべて電子投票に変えれば4兆824億ウォンも予算が減るということだ。開票もすぐ終えられる。昨年6月2日の地方選挙では3億枚の投票用紙を使用した。このために数十年間育った木8060本が消えた。有権者の立場では電子投票が民主主義の実現にさらに近い。電算統合名簿を利用すれば、指定された投票場所でないところでも投票が可能で、「貴重な一票」を実現させやすいからだ。

  電子投票はすでに世界的な傾向だ。米国・フランス・ブラジルなどは大統領選挙で電子投票を部分導入し、フィリピンはすでに完全電子投票で大統領を選出している。英国・ドイツ・日本などの先進国も各種公職選挙で電子投票が紙の投票に取って代わっている。韓国も05年に中央選管委が電子投票システムを開発して以来、各種政党・組合長選挙など500回以上の電子投票経験を積んでいる。こうした経験に基づいて韓国電子投票システムはインドネシアへの輸出も推進している。

  にもかかわらず政界は電子投票方式を背を向けている。党内選挙戦では電子投票をうまく使用しながらも、大統領選挙・総選挙などでは時期尚早だという。投票方式が変われば利害が分かれるなどと懸念し、各政党が変化を拒否しているのだ。大韓民国がIT強国であることを、政界だけが無視したがっているようだ。

  ホ・ジン経済部門記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事