北朝鮮の覚せい剤密売現場、路上で青年が…

北朝鮮の覚せい剤密売現場、路上で青年が…

2011年07月01日15時04分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国のあるサイトに載せられた北朝鮮の覚せい剤取引現場を撮影した写真。
  最近、中国のあるサイトに、北朝鮮の覚せい剤取引現場を撮影した数枚の写真が載せられた。 写真を見ると、ある男が覚せい剤が入った紙を丸めて財布に入れ、急いで姿を消す。 覚せい剤の一種の「メタンフェタミン(methamphetamine)」で、別名ヒロポンだ。 覚せい剤を使用して横になっている若い青年の写真も載せられた。

  北朝鮮人を中心にした覚せい剤の密売は減る兆しが見えない。 最近「開かれた北韓放送」によると、貿易省のある幹部は100キロのヒロポン(43億ウォン分)を中国瀋陽で販売し、公安に摘発された。 一般住民も覚せい剤取引に手をつけている。 対北朝鮮消息筋によると、「すべての脱北者がヒロポンを知っている」と話すほどだ。

  ある脱北者は「覚せい剤を売るのが大金を稼ぐ最もやさしい方法」と話したりもした。 覚せい剤を製造して中国に高値で売れば大金を稼ぐことができるため、住民は命をかけて密売をするという。

  ヒロポンは他の覚せい剤に比べて比較的製造方法が簡単で、自分で作って売る住民も少なくない。 必要な化学薬品が相対的に少なく、北朝鮮のほとんどが山岳地形であるうえ、捨てられた工場が多く、覚せい剤を製造しやすい。 ヒロポンは日本の植民支配当時に化学工業団地があった咸興(ハムフン)地域で主に製造されているという。

  覚せい剤を医薬品の代わりに使用する人たちもいる。 北朝鮮では医薬品が高くて手に入れるのが難しいため、ヒロポンを作って鎮痛剤として使用する。 脱北者を支援する韓国のある市民団体の関係者は「主に慢性疾患者がヒロポンを利用する。 がん患者だけでなく、ストレスや疲労回復などのためにも使用している」とし「この人たちにとって覚せい剤は医薬品」と伝えた.

  北朝鮮当局もこれを知り、覚せい剤取引を厳重に取り締まっているが、あまり効果はない。 米国務省が3月に議会に提出した「国際覚せい剤取り締まり戦略報告書」によると、最近の当局の取り締まりにもかかわらず北朝鮮住民の覚せい剤取引は減少せず、かえって新種覚せい剤‘メタンフェタミン’取引が増えているという。

  北朝鮮産覚せい剤は中国吉林省など国境地域でも活発に取引されている。 吉林省には過去15年間、北朝鮮産ヒロポンがあふれ、最近、中国政府は「強風」という暗号名で大々的に北朝鮮産覚せい剤の取り締まりを実施したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 中国のあるサイトに載せられた北朝鮮の覚せい剤取引現場を撮影した写真。
  • 中国のあるサイトに載せられた北朝鮮の覚せい剤取引現場を撮影した写真。