K-POPブームを「第2の半導体神話」にするには(2)

K-POPブームを「第2の半導体神話」にするには(2)

2011年06月23日10時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ドラマ・映画・公演など文化コンテンツの制作会社は概して零細なうえ、製造業とは異なり核心要素の作品性・興行可能性など無形の価値に対する客観的な評価もまた難しい。さらに事業主体もコンテンツの興行の可能性を予測できないなど事業のリスクが大きい。制度金融圏の資金支援がほとんどなされない理由だ。冒険投資にだけ依存したままどうにか作品を作り出していることが現実だ。 

  多くの中小企業が厳しい状況で技術を開発するが、その後には生産と販売能力弱化で“死の谷”(Death Vally)に陥る可能性が大きいように、文化コンテンツ産業も違わない。ユーチューブが開かれた空間を通じてK-POP歌手に成功を抱かせたように良いアイデアとコンテンツがある文化産業が市場で評価・検証受けられる機会を与えなければならない。

  技術保証基金は数年前から文化コンテンツ産業支援に心血を注いでいる。文化産業に対する独創的な評価指標開発、関連業界の会計透明性向上などの多角的な努力も傾けている。

  半導体と自動車・電子製品などの技術力が韓国経済の競争力を一段階引き上げたように、いまは頭で稼ぐ知識・文化サービス産業のような創意産業が次のバトンを受け継ぐ番だ。われわれの小さな努力が結実し、文化コンテンツが技術評価によって価値を正当に認められ、サービス産業を活性化し、文化中心地を先導するその日を期待してみる。

  チン・ビョンファ技術保証基金理事長

  

K-POPブームを「第2の半導体神話」にするには(1)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事