勢い止まぬ韓流ブーム、仏で「コレドゥコレ」なる新造語も登場

勢い止まぬ韓流ブーム、仏で「コレドゥコレ」なる新造語も登場

2011年06月20日11時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
最近フランスのあるテレビ番組がK-POP熱風を集中診断し現地の熱気を詳細に伝えた。
  「K-POPの熱狂的ファンの娘がこのごろ豆を箸でつまんで食べる」

  「完ぺきな振りつけを踊る若い男の子たち、どうして嫌いになれるだろうか」

  最近フランスのあるテレビ番組がK-POP熱風を集中診断し現地の熱気を詳細に伝えた。韓国式振りつけという意の「コレドゥコレ」という新造語まで使った。

  国内のある韓流カフェには最近韓国SMエンターテインメント所属の芸能人がパリで公演した直後に放映されたとみられるフランスの番組が上がってきた。男性MCとパネラーがK-POPとは何か、熱風がどの程度なのか話を交わす形式だ。

  SMタウンのパリ公演当時、スペインとギリシャ、フィンランドと米国など世界各地から集まったファンたちの熱気を帯びた反応を見せ、K-POPに熱狂する子供を持った親のインタビューを放映した。

  親たちは「子どもが韓国に行きたがり、韓国語を学びたがる」と伝えた。公演会場でTシャツと風船、夜光ブレスレット、プラカードなどを一斉に出したファンにスポットを当てながら、「口を完全に広げさせる」「歓声が耳を破るほど」と伝えた。

  特に節度ある韓国アイドル特有のダンスに対し「コレドゥコレ(chore de coree・韓国式振りつけ)」と称し視聴者に強調した点が目につく。フランス人は同音語を繰り返して新造語を作る一種の言葉遊びの「ジュドゥモ(jeu de mots)」を楽しむ。ジュドゥモは流行を反映しながら、流行を広め、時には創造したりもする。「コレドゥコレ」というフランスの単語がK-POPをこの隊列に上げたのだ。

  パネラーはまた、スーパージュニアのメンバーが革のスカートを着てポップスターのビヨンセの踊りをまねる場面を見て、「どうして彼らを好きにならずにいられるだろうか」「私たちも完全にコレドゥコレを好むことになった」と絶賛した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事