キム・ヨナ記念硬貨、韓国の貨幣ではなく外国貨幣

キム・ヨナ記念硬貨、韓国の貨幣ではなく外国貨幣

2011年05月30日14時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キム・ヨナ記念硬貨。
  故金大中(キム・デジュン)元大統領、故金寿煥(キム・スファン)枢機卿、キム・ヨナ選手の姿があしらわれた記念硬貨が外国で発行されている。

  これら記念貨幣は韓国銀行(韓銀)が発行した法定通貨ではないため、韓国では貨幣として使用できない。 韓銀が論議を招きうる人物記念貨幣の発行を避ける中、国内の民間企業がこうしたニッチ市場に目を向け、海外の造幣局に要請して作られた非正常的な‘外国貨幣’だ。 故金大中元大統領の記念硬貨はノルウェー、故金枢機卿の記念硬貨はリベリア、キム・ヨナの記念硬貨は南太平洋の島国ツバルで作られた外国貨幣だ。 これらの国では貨幣として使用できるが、需要はほとんどない。 一方、韓国では貨幣ではないが、記念品として収集されている。

  韓銀と造幣公社によると、これまで韓銀は特定人物を素材とする記念硬貨を作ったことはない。 このために一部では、韓銀が記念硬貨の発行に過度に保守的ではないかという声も出ている。 特に昨年キム・ヨナ記念硬貨の外国発行をきっかけに記念硬貨の逆輸入をめぐる論議が起き、記念貨幣発行に関する法案が相次いで国会に提出されたが、これまで遅々として進んでいない状況だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事