T-50高等訓練機、ついにインドネシアと輸出本契約

T-50高等訓練機、ついにインドネシアと輸出本契約

2011年05月26日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
T-50高等訓練機。
  韓国航空宇宙産業(KAI)が25日午後、インドネシア国防省とT-50高等訓練機輸出に向けた本契約を締結した。KAIが米ロッキードマーティンと13年間にわたり2兆ウォンをつぎ込んで共同開発したT-50(別称・ゴールデンイーグル)の初めての輸出の道がついに開かれた。同時に韓国は米国、ロシア、英国、フランス、スウェーデンに続き世界で6番目の超音速航空機輸出国になることになった。

  KAIは、「先月12日にインドネシアがT-50を優先交渉対象に選定してから40日余りで本契約が結ばれた。T-50の性能を認めた結果」と話した。軍内外では3月のインドネシア特使団宿舎侵入事件など悪材料をはねのけて契約締結に成功したのは、両国首脳が昨年12月に訓練機・潜水艦・無線機生産など防衛産業での協力を約束したことが影響を与えたとみている。

  KAIは2013年まで純操縦訓練機のT-50を12機と、これを改良して攻撃訓練まで可能なTA-50を4機の16機をインドネシア空軍に納品する計画だ。金額は4億ドル規模だ。KAIは、「中型自動車1万6000台を輸出する規模で、7700人余りの新規雇用創出効果を出す」と説明した。KAIの金弘経(キム・ホンギョン)社長は、「イスラエルと米国、ポーランドなど次世代訓練機導入を検討している国を相手に輸出の橋頭堡を確保した。2030年まで1000機以上のT-50を輸出する計画だ」と話した。デジタル制御式エンジン(F404-GE)と多目的レーダー(EL-2032)、衛星・慣性航法装置(GPS/INS)、統合型相互識別装置(IFF)など、最新航空電子装備を採択したT-50はF-15、F-22、F-35など次世代戦闘機操縦のための最適の訓練機と評価されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事