プロサッカー選手の八百長関与が事実に

プロサッカー選手の八百長関与が事実に

2011年05月26日08時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「スポーツTOTO式宝くじ」で巨額の配当金を狙ったブローカーがプロサッカー選手を買収する、といううわさが事実と確認された。ブローカーから巨額を受けたプロサッカー選手2人は試合で勝負操作に加わった容疑を受けている。

  慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)地検特捜部はプロサッカー選手を大金を渡して勝負を操作させた後、スポーツ宝くじに巨額をかけて不当利得を得た疑い(国民体育振興法違反)で、A(27、無職)と元プロサッカー選手のB(28、無職)のブローカー2人を拘束して捜査中と25日、明らかにした。ブローカー2人は共犯であることが確認された。検察は2人から金を受け取って八百長に加わったプロサッカー選手2人に対してもこの日、拘束令状を請求した。

  検察によると、ブローカー2人は4月、Kリーグの試合ではなくカップ大会「ラッシュアンドキャッシュカップ2011」の試合に出場したプロサッカー球団のGK(31)と別の球団のMF選手(25)にそれぞれ1億ウォン(約750万円)と1億2000万ウォンを渡して勝負を操作させた疑い。両選手は金を受け取ってブローカーが望む点数になるよう勝負を操作したとみられる。ラッシュアンドキャッシュカップ大会はプロサッカー16球団がすべて参加する韓国プロサッカー連盟公式カップ大会で、3月に開幕し、現在リーグが進行されている。

  検察は、ブローカーがサッカー試合が行われる全勝負を予測し、競技の結果によって配当金を受ける「スポーツTOTO式宝くじ」で巨額の配当金を受けるために、相対的に年俸が少ない2球団の選手を買収したとみている。

  検察はブローカーの不当利得のほか、私設宝くじを運営していたかどうかも調べている。検察はブローカーと選手が合法宝くじではなく、私設宝くじで稼ぐためにこうした勝負操作をしたとみている。また検察は金を受け取った選手が意図的に試合に負けようとした動きがあったかどうかを確認するため、すべての試合を調べている。

  実際、今回のカップ大会で4試合に出場したGKはなんと11点も失点していることが分かった。チームはこのGKが出場した試合で、1試合を除いてすべて負けている。MF選手も1試合に出場し、チームは敗れている。検察は選手2人が受けた金が違う選手に流れていないか、他にも金を受け取った選手がいないかについても調査している。

  最近、一部の選手が自殺をしたり行方不明になった事件が勝負操作と関係があるのではという観測もあり、捜査はさらに拡大する見込みだ。クァク・キュホン昌原地検の検事補は「捜査の初期段階なので金を受け取った容疑がある選手の人的事項、金を受け取った選手が他にもいるかどうかなどは確認できない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事