少女時代にKARAにチャングム…「ありがとう、韓流」(1)

少女時代にKARAにチャングム…「ありがとう、韓流」(1)

2011年05月23日10時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  3月の日本出張中に顧客と食事をともにする機会があった。50代後半の中小企業代表だった。色々な対話をする中で彼はふと韓流の話を切り出した。

  「日本では韓国歌手の人気がすごいです。少女時代とKARAはうちの子も好きだが私も好きです」。自然に私たちの対話は韓流をテーマに、ドラマ・料理・歌・歴史など多様な韓国文化へとつながった。

  日本での韓流はドラマ「冬のソナタ」の人気で始まった。いわゆる“ヨン様”ブームが巻き起こり、初期韓流の中心は中壮年の女性たちだった。だが、いまでは彼女らの夫であり企業の役員の中壮年男性たちに拡大している。韓流のおかげで韓国料理とコンテンツは着実に日本社会に食い込んだ。特に最近のアイドル歌手の人気は若年層を中心に全世代に広がっている。東京都心部の大型電光掲示板に登場する韓国人タレントの姿も見慣れたほどだ。

  韓流は日本に限定される話ではない。朝鮮時代の宮中料理を素材にしたドラマ「大長今(テジャングム)」は87カ国で放映されたほどだ。国内で人気を呼んだドラマはほとんどが数十カ国に輸出される。この頃は最初の企画段階から輸出を念頭に置いてドラマを作るという。最近では文化的自負心が強いフランスでも韓流に対する関心が高いという話だ。仏ボルドー大言論情報学科のホン・ソクキョン教授は、「日本の漫画をドラマにした韓国ドラマを楽しみ、K-POPに進化した」と診断する。フランスに最初に定着した韓流はここを根拠地として欧州各国に広まる傾向という。

少女時代にKARAにチャングム…「ありがとう、韓流」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事