北朝鮮版「太子党」メンバーらが金正哲とシンガポールに同行

北朝鮮版「太子党」メンバーらが金正哲とシンガポールに同行

2011年04月18日08時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正哲(右から2人目)が2月に一行らとシンガポールで開かれたエリック・クラプトン公演を観覧している(写真=KBS撮影)。
  



  2月に北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の二男金正哲(キム・ジョンチョル、30)がシンガポールを旅行した際、北朝鮮版「太子党」の「烽火組」メンバーが同行したという主張が提起された。北朝鮮消息筋は17日、「当時金正哲と烽火組の一部メンバーがシンガポールとマカオ、マレーシアを旅行しながら10万~30万ドルの掛け金をかけるギャンブルを楽しみ、百貨店で豪華ショッピングをした」と伝えた。金正哲は父親の金正日の誕生日を控え、シンガポールで開かれたポップ歌手エリック・クラプトンの公演を同年代の北朝鮮人らとともに観覧した。

  消息筋は、「烽火組は中国の党・政・軍上層部の子弟の集まりの太子党のように、北朝鮮幹部の2世らが集まって作った私的組織で、親の威光を背に主要権力機関に籍を置いている」と伝えた。30代後半~40代初めの年齢で貨幣偽造や麻薬流通などの不法活動で富を蓄え、このうち相当額を金正恩・金正哲兄弟に上納するという。消息筋は、「烽火組メンバーの一部はマカオとマレーシア、シンガポールのカジノのVIP顧客だ」としている。金正哲と烽火組メンバーらの巨額ギャンブルとショッピングの事実がシンガポールとマカオ駐在北朝鮮外交官と駐在員の間に広がり、「人民が飢え国の経済事情は厳しいがぜいたくな生活をしている」という非難が起きていると消息筋は伝えた。

  烽火組は2000年代初期に結成されたと把握されており、昨年5月に米ワシントンタイムズが報道したことで存在が知らされた。同紙は米財務省関係者の話として、「韓国と米国が哨戒艦事件以後、北朝鮮への金融制裁を模索する過程で北朝鮮の“スーパーノート”(精密な偽100ドル札)製作と麻薬流通などの不法活動にかかわった烽火組の実体を把握した」と報道した。団体の実質的リーダーで呉克烈(オ・グクリョル)国防委員会副委員長の息子の呉セウォン、姜錫柱(カン・ソクジュ)外務省第1次官の息子の姜テスン、保衛司令官金元弘(キム・ウォンホン)の息子の金チョルなどの名前が挙がった。北朝鮮は13日の軍人事で呉振宇(オ・ジンウ)前人民武力部長の息子呉イルジョン(57)労働党軍事部長を上将に昇進させるなど、金正恩後継構築に合わせパルチザン革命第1世代の子弟らを重用している。

  

【ホットクリック】

・少女時代のテヨン、公演中に乱入の男に連れ去られそうに
・「終息宣言」から24日ぶり…豚にまた口蹄疫
・三星電子、赤字のハードディスク部門売却か…WSJ報道
・クリントン長官が訪韓…天安艦問題は発表文に含まれず
・北朝鮮版「太子党」メンバーらが金正哲とシンガポールに同行
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事