キム・ジャンフン、日本外務省の独島関連主張に反論する資料を掲載

キム・ジャンフン、日本外務省の独島関連主張に反論する資料を掲載

2011年04月13日11時37分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
独島(トクト、日本名・竹島)と関連し、日本の外務省の主張に反論する資料を公開した歌手キム・ジャンフン。
  



  歌手キム・ジャンフンが独島(トクト、日本名・竹島)と関連し、日本の外務省の主張に反論する資料をミニホームページに上げた。

  キム・ジャンフンは13日、自身のミニホームページに「独島、日本外務省の強引な主張と反論資料」というタイトルで長文の書き込みをした。キム・ジャンフンは、「(世宗大教養学部の)保坂祐二教授をはじめとする韓国の学者らの研究を基に整理した反論資料だ。きょう(13日)から懸案別にひとつずつ反論資料を上げる。きょう上げるのは“日本は昔から竹島の存在を認識していた”に対する日本側の主張を整理したもの」とつづった。

  続いて「独島を日本領土から除外した日本地図が発見され続けている。日本の地図は1905年まで一度も独島を日本の領土として描いたことがない。知れば知るほど日本側はしっかりとわい曲させて我を張っているという気がする」とし、過去に独島を朝鮮の領土だと表記したさまざまな日本地図を公開した。

  キム・ジャンフンは、「(文が)ちょっと長いが必ず細かく読んで拡散してくれるよう丁重にお願いしたい。本当にひざまずいてお願いする。きょうからひとつずつ上げる資料を必ず覚え、各自資料を探して勉強もして広め続けてくれるよう願う」と呼びかけた。

【ホットクリック】

・白頭山噴火問題、南北が6月中旬に共同調査を実施
・世界6番目に超音速機「T-50」を輸出…米国市場も視野に
・KARAが日本を揺るがした…オリコンシングルチャート1位に
・「チェルノブイリ級事故」 日本政府は最初から隠していた
・キム・ジャンフン、日本外務省の独島関連主張に反論する資料を掲載
   
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事