JYJ、タイで初のワールドツアー…2万2千人集まる(1)

JYJ、タイで初のワールドツアー…2万2千人集まる(1)

2011年04月05日11時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アジアのファンの熱狂の中で初のワールドツアーの火ぶたを切ったグループJYJ。
  



  グループJYJ(キム・ジェジュン・パク・ユチョン・キム・ジュンス)がアジアのファンの熱狂の中で初のワールドツアーの火ぶたを切った。

  JYJは2~3日にタイ・バンコクのインパクトアリーナで開かれた「JYJワールドツアーコンサート2011」で、2回の公演で2万2000人のアジアファンを集め“チケットパワー”を誇示した。タイをはじめ韓国・香港・日本などアジア各地から集まったファンは2時間30分間にわたりJYJとともに歌って踊ってひとつになった。

  公演2日目の3日、赤い蛍光棒が波打つ会場にJYJが登場すると、すぐに客席は「キャーッ」というファンの叫び声に包まれた。リフトで舞台に登場した3人のメンバーは、「Empty」で初めての舞台をスタートした。続いて「Ids」「ピエロ」などを歌った。キム・ジュンスが「サワディカプ」とタイ語であいさつすると客席からは歓呼の声が上がった。パク・ユチョンは「長い間お待たせしました」とうれしさを伝えた。キム・ジェジュンは自身が作曲したタイ語の歌「Elephant Song」を聞かせファンとの距離感を縮めた。この曲は昨年のワールドワイドアルバム発売後に行ったタイでのショーケースで「タイ語の歌を作る」というファンとの約束だ。

  楽しいダンス曲の「Be My Girl」を歌うと雰囲気は絶頂に達した。観客は総立ちでJYJと動きをともにした。続く「Ayyy Girl」「Mission」などJYJのパワフルなダンスと音楽を鑑賞できるステージが続き雰囲気が高まった。パク・ユチョンが主演したドラマ「成均館(ソンギュングァン)スキャンダル」の主題歌「見つけた」が流れると観客は手を振って音楽とひとつになった。キム・ジュンスが作曲した切ないバラード「落葉」と「Boy’s Letter」を最後に予定された公演が終えられた。 しかし、物足りなさに観客が席を立たずJYJの名前を連呼すると、メンバーはまたステージに上がり新曲の「Get Out」「In Heaven」を歌い応援にこたえた。

JYJ、タイで初のワールドツアー…2万2千人集まる(2)

【ホットクリック】

・韓国実効支配カード「独島海洋科学基地」に日本が敏感な反応
・【時視各角】龍馬、テレビの中だけで駆け回るのか
・トヨタ・カローラ、‘耐久性と燃費’で韓国ライバル車と勝負
・キム・テヒ、韓国俳優で初めて日本ファッション誌の専属モデルに
・韓・EU間FTA協定文の誤訳207件 通商交渉本部長が謝罪
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事