‘フィギュア・クイーン’キム・ヨナ、前所属事務所と法的紛争

‘フィギュア・クイーン’キム・ヨナ、前所属事務所と法的紛争

2011年03月21日13時24分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
前所属事務所のIBスポーツに対して収益配分問題で訴訟を起していたキム・ヨナ(21、高麗大)。
  



  キム・ヨナ(21、高麗大)が前所属事務所のIBスポーツに対して収益配分問題で訴訟を起こしていたことが明らかにかになった。

  20日、ソウル中央地裁判所によると、民事合意45部(ソ・ビョンジン部長判事)が昨年11月にキム・ヨナがIBスポーツを相手取って起こした収益配分金の請求訴訟を審議中だ。初裁判は今月16日に開かれた。

  キム・ヨナの法律代理人は「IBスポーツとの契約期間中、現代自動車や国民銀行、大手ベーカリーチェーン店などから受けた広告及び後援金のうち、受けとれなかった金額が約8億5000万ウォン(約6115万円)にのぼる。25:75で収益を配分する事にしたが、キム・ヨナが受け取るはずの75%に相当する金額がまだ支払われていない」と説明した。

  これに対してIBスポーツ側の代理人は「IBにもキム・ヨナを対象に収益配分を請求する権利がある。キム・ヨナがオールザットスポーツと契約した後に撮影した広告は、すでにIB側とともに仕事をしていた当時に締結した契約を延長したものに過ぎないところが多く、この部分に対してIBも権利がある。まず協議をするべきだ」と反ばくした。

  IB側はまた、キム・ヨナの母親が設立したオールザッツスポーツがIBスポーツで働いていたスタッフ2人を引き抜いて採用したとして損害賠償1億ウォン(約720万円)を請求することを付け加えた。

  

【ホットクリック】

・<東日本大地震>韓半島の地表が歪む
・またKTXが事故…500人がトンネルで「恐怖の20分」
・「大地震の後遺症、長期化すれば韓国経済にも影響」
・チョン・ウソン、「気になる人」イ・ジアとの熱愛説を認める
・‘フィギュア・クイーン’キム・ヨナ、前所属事務所と法的紛争
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事