朴正熙政権、独裁と弾圧のおかげで経済成長が可能だった?

朴正熙政権、独裁と弾圧のおかげで経済成長が可能だった?

2011年03月15日11時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  進歩陣営が“朴正熙(パク・チョンヒ)時代”に再度照明を当て、ハンナラ党の朴槿恵(パク・クンヘ)元代表を遠回しにけん制した。朴元代表の世論支持率が40%前後に達し独走しているのは朴正熙元大統領に対する“郷愁”が作用しているとみて、これを打ち破ろうという趣旨だ。

  ウリ党の李富栄(イ・ブヨン)前議長が常任代表を務める「民主・平和・福祉フォーラム」がテープを切った。フォーラムには金元基(キム・ウォンギ)前国会議長、民主党の権魯甲(クォン・ノガプ)、金槿泰(キム・グンテ)、鄭大哲(チョン・デチョル)常任顧問ら汎野党陣営の重鎮らが参加している。彼らが14日に開催した「5・16、われわれに何なのか」というセミナーは、朴元代表に対する攻勢の信号弾だった。この席にはソウル大法学専門大学院の曺国(チョ・グク)教授、延世(ヨンセ)大社会学科の金皓起(キム・ホギ)教授ら進歩陣営の学者らが討論者として参加した。

  李富栄常任代表は開会あいさつで、「5・16の主体勢力は独裁と弾圧のおかげで経済成長と繁栄が可能だったというわい曲された神話を作り出した」と主張した。曺教授は討論で、「5・16で立てられた朴正熙政権は、国家最高再建会議から立法権まで握り法治主義を壊した」と非難した。

  進歩陣営は朴元代表を直接狙う一方、こうした朴元大統領時代に対する再照明運動を通じて遠回しに朴元代表を攻略するという計画だ。李常任代表は記者と会い、「朴正熙時代に対する郷愁が朴元代表の政治的基盤と根」とし、「朴元大統領に対する評価と整理をしてこそこうした虚像を正すことができる」と話した。

  これに対し朴元代表の報道官格のハンナラ党李貞鉉(イ・ジョンヒョン)議員は、「前職大統領に対する評価は国民と歴史家がすること」と話した。この日の討論会には李在五(イ・ジェオ)特任長官も参加し目を引いた。

【ホットクリック】

・絶望から希望を、韓国が日本の力になろう…国民みんなで応援
・<東日本大地震>企業・コンビニが消灯営業…「ヤシマ作戦」
・李明博大統領、UAEで原子力発電所の起工式に参加
・<東日本大地震>神戸「16年前の恩返し」…コメと毛布送る
・<東日本大地震>韓流スターが続々と支援と慰労を表明
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事