韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪

韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪

2011年03月07日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  世界に吹いている韓流熱風を韓国政府が操作したという内容の放送で物議をかもした日本の放送局が公式に謝罪した。

  日本のフジテレビは6日、「Mr.サンデー」の放送中、「先月26日に日本でのK-POPの流行についての放送で、木村太郎がした話に対し(韓国政府と韓国民に)大変申し訳ない」と謝罪した。

  フジテレビは先月26日、「K-POPにハマる女たち 韓流男子にひかれるワケ」という企画で、諮問役として出演した木村太郎氏が、「韓国政府のブランド委員会というものがある。このブランド委員会がK-POPを国家ブランドとして育てるため広告代理店にお金を払ってユーチューブなどにあるK-POP動画の照会数を上げる手法でK-POP韓流熱風を操作している。これは詐欺まがいのものだ」と主張した。

  こうした事実を中央日報がインターネットを通じ初めての報道をしたことで国内ネットユーザーに急速に広がった。

  フジテレビ側は報道当日に中央日報に電話をかけ、「当時木村氏がよく知らずにした話のようだ。日本国内でK-POPはすごい人気を呼んでいる。それで(K-POPと関連した)全てのものがニュースになる。韓国では政府さえも大衆文化のブランドイメージを向上するために努力している。日本もこうした努力が必要だと促すための発言だったようだ」と釈明した。

  国家ブランド委員会は中央日報の報道を確認した後、フジテレビに「大衆文化を政府がコントロールするということ自体があり得ないことであり、韓国政府はユーチューブの動画操作のようなことはしていない」として公式謝罪を要求した。

  フジテレビはこの日の謝罪放送で、「韓国の国家ブランド委員会からこうしたことを依頼したことはないという指摘を受けた。木村氏の発言は韓国ではK-POPを自国の文化的財産として大切にし、多くの人々が見てくれればという気持ちで政府でも普及するのに専念しているという意味だった。特定映像の再生を誘導しているという意味ではなかった。誤解を招く表現があった。非常に申し訳ない」と話した。また、「韓国の国家ブランド委員会によるとこの委員会は韓国大統領直属機関で、韓国のブランド価値を向上させる業務を担当している」と説明した。

  フジテレビ「Mr.サンデー」は日曜夜に放送される時事教養番組で、視聴率10%台の人気番組だ。

【ホットクリック】

・中国公安が74万人動員、ジャスミンデモまた不発
・自殺した女優、「31人に100回以上酒接待、性接待」...復讐してほしい
・北朝鮮、GPSかく乱攻撃…キーリゾルブ訓練を妨害か
・日本の次期首相最有力候補の前原外相、外国人献金問題で脱落
・韓国政府による韓流操作の主張、フジテレビが謝罪
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事