「金日成が作ったムガベ親衛部隊、カダフィの傭兵に」

「金日成が作ったムガベ親衛部隊、カダフィの傭兵に」

2011年02月28日09時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ジンバブエのムガベ大統領。
  



  ジンバブエの軍人らがリビア最高指導者のカダフィ大佐を支援するためリビアに投入されたと英サンデータイムズが27日に報道した。同紙は内部情報報告書を通じ事実を知ったという英国政府官僚の話として、「ジンバブエ第5旅団と特攻連隊、一部空軍操縦士が22日明け方にチャーター機を通じてジンバブエの首都ハラレからリビアに移動した。現役軍人とOBら数百人で構成された彼らはトリポリに到着し、コートジボアール、チャド、モーリタニア出身のアフリカ傭兵軍団に合流した」と明らかにした。

  ジンバブエ第5旅団は1981年8月に北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席が送った北朝鮮軍事顧問団により創設されたジンバブエのムガベ大統領の親衛部隊だ。サンデータイムズは北朝鮮製武器を使い北朝鮮式軍事訓練を受けた人たちが80年代初めに2万人が死亡したジンバブエのマタベレランド大虐殺事件の際に反乱軍を鎮圧し悪名を駆せたと報道した。

  英政府官僚は、「ジンバブエのリビア派兵はカダフィとムガベ、そしてジンバブエの軍参謀総長でありムガベの忠臣のコンスタンチン・チウェンガの間の秘密協約によりなされた」と話した。この官僚は、「カダフィとムガベは親しい仲だ。ジンバブエはカダフィが(市民軍によって政権を奪われる場合)選択できる唯一の国」と付け加えた。

  カダフィは数年前に数百万ドル相当の原油を供給しジンバブエ経済が完全崩壊するのを防いだとこの官僚は伝えた。現在カダフィの三男のサディ・カダフィはジンバブエ政府所有のマランゲ鉱山のダイヤモンド採堀権を持っている。

  ムガベ大統領は80年に政権を取った後、3万人に達する少数民族を虐殺するなど暴圧的な独裁をしてきた。執権初期から公開的に金日成をモデルに選ぶなど北朝鮮と親密な関係を維持している。

【ホットクリック】

・北朝鮮、韓米軍事演習控え「ソウルは火の海」と挑発
・「北の急変時には統一費用2525兆ウォンに」
・韓国鉄道公社、週末の一日に2件の事故 「ただの小さな故障なのに…」
・現代・起亜車、過去最大営業利益も日本車を下回る7位
・黄禹錫博士、リビア脱出の行列に混ざって帰国…「秘密裏にプロジェクト推進」
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事