1人当たりの高アルコール酒消費量 韓国が世界最多

1人当たりの高アルコール酒消費量 韓国が世界最多

2011年02月19日11時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アルコール度数が高い焼酎やウイスキーなど蒸留酒の1人当たりの消費は、韓国が世界最多であることが分かった。

  世界保健機関(WHO)が05年を基準に世界188加盟国の飲酒量と飲酒習慣を調査し、18日に公開した報告書で、このように明らかにした。ビールなどアルコール度数が低い酒まで含む韓国のアルコール消費量は世界13位だった。

  韓国成人1人当たりの蒸留酒を通したアルコール摂取量は9.57リットルで、エストニア(9.19リットル)を上回って1位となった。韓国人の全体アルコール摂取量は成人1人当たり14.8リットルで、うちビールによる摂取量は2.14リットル、ワインによる摂取量は0.06リットル。

  成人1人当たりの全体アルコール消費量が最も多いのはモルドバだった。モルドバの成人は年間18.22リットルのアルコールを飲む。チェコ(16.45リットル)、ハンガリー(16.27リットル)、ロシア(15.76リットル)などが後に続いた。

  米国は成人1人当たり9.44リットル、中国は5.91リットル、日本は8.03リットルだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事