<サッカー>安貞桓「スターではなく社会人」

<サッカー>安貞桓「スターではなく社会人」

2011年02月14日11時38分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安貞桓(アン・ジョンファン、35、大連)。
  



  「昔とは違う。よく分かっている」。心を無にして楽しむ姿が解脱の域に達しているようだった。全盛期に見られた肩の力は抜けた。軽く冗談を飛ばす姿は‘ベテランスター’ではなく、サッカーが好きでグラウンドに立つ平凡なサッカー選手だった。往年のスター、安貞桓(アン・ジョンファン、35、大連)のことだ。

  「今は選手というよりも社会人だと考えている」という安貞桓。それだけ過去の栄光は過ぎ去ったことを悟っている。安貞桓の表情は、人気も名誉も歳月の前では無常だということを語っている。

  昨シーズン中国で10得点をマークした安貞桓は「それなりに頑張れたのでは」と話しながら子どものような笑顔を見せた。心は空っぽにしたが、往年の実力は色あせていなかった。

  安貞桓は12日、日本・沖縄で行われた大連-済州(チェジュ)ユナイテッドの練習試合に後半FWで出場した。暗い雲と強風で体感温度は氷点下の悪天候だったが、安貞桓は後半、済州GKのミスを突いて2点目を決め、チームの勝利(2-0)に寄与した。中盤で2人をかわすなど過去に劣らないドリブル能力をKリーグの後輩たちの前で見せた。

  今シーズンは条件がさらによくなった。Kリーグでプレーしてきた金珍圭(キム・ジンギュ、26)とチョン・グァンジン(30)が大連に新しく加わり、昨年大連を指揮した朴成華(パク・ソンファ)監督とは師弟を越えてさらに深い関係になった。家族も中国にいるだけに、もう「異郷暮らし」の孤独は感じていない。

  指導者は目指さないという安貞桓は「大連ともう1年契約をした以上、契約期間は満たすが、これから中国でもっとプレーするか引退を決めるかについては、今季を通してゆっくり決めたい」と語った。

【ホットクリック】

・3回の異常信号…なぜKTX運行を中断しなかったのか
・中国が世界2位の経済大国に…日本は3位
・K-POP界盗作問題、韓流イメージの失墜が懸念
・KARAの5人、日本での撮影終え帰国
・南楊州で謎の爆音、“北の南侵トンネル説”も
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事