ポケットに手を入れたまま…米国務副長官“欠礼外交”

ポケットに手を入れたまま…米国務副長官“欠礼外交”

2011年01月29日09時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  26日に訪韓したスタインバーグ米国務副長官が左手をズボンのポケットに入れたまま金星煥(キム・ソンファン)外交通商部長官と握手し、「外交的欠礼」という指摘が出ている。

  ある元外交官は「スタインバーグ副長官は悪気なく、うっかり手を入れたまま握手をしたようだが、訪問国の韓国の情緒を考慮しなかったという点で外交的な欠礼であるのは明らかだ」と指摘した。

  また「オバマ米大統領が09年11月、日本を国賓訪問した当時、日本の天皇に腰を90度に曲げて握手をし、米国人から低姿勢外交という批判を受けたが、日本人には良い印象を与えるのに成功したのとは対照的だ」と述べた。

  別の外交消息筋も「スタインバーグ副長官はクリントン政権時代、ホワイトハウス安保担当副補佐官、ブルッキングス研究所副所長を務めながら、外交儀式に関する知識と経験を積んできた」とし「そのような人が礼儀を重視する韓国を訪れた席でこのように行動した点は、訪問国に対する配慮が不足しているという指摘を受けるに値する」と話した。

  また別の元外交官は「スタインバーグ長官は傲慢な人ではなく、気さくな人柄の所有者だが、外交パートナーに会う時、よく片手をポケットに入れて握手をするクセがある」と紹介した。

  中国を訪問中のスタインバーグ副長官は28日、戴秉国国務委員に対し、ポケットから手を出して握手をした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事