起亜車、スーパーボウルに1秒1億ウォンの広告

起亜車、スーパーボウルに1秒1億ウォンの広告

2011年01月28日15時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「K5」を素材にした「誰もがうらやましがる車」(One Epic Ride)という60秒の広告。
  



  広告単価が高いことで有名な米国のNFL(ナショナルフットボールリーグ)優勝決定戦「スーパーボウル」の広告で自動車企業が角逐している。

  2月6日(現地時間)に生中継されるスーパーボウルで、現代・起亜(ヒョンデ・キア)車、ゼネラルモーターズ(GM)、BMW、ベンツなど自動車9社が広告競争を繰り広げる見通しだ。スーパーボウルはアメリカンフットボールリーグのチャンピオン決定戦で、米国だけでなく世界200カ国で1億人が視聴する。

  起亜車は今回、「K5」を素材にした「誰もがうらやましがる車」(One Epic Ride)という60秒の広告を出す。 時代と空間を超越した背景の中に「K5」が登場し、海の帝王ポセイドンも「K5」を所有したがるという内容だ。

  広告単価は米国市場最高水準の1秒当たり約10万ドル(約1億1000万ウォン)。 起亜車は約600万ドルを投じたと伝えられている。

  毎年スーパーボウルに広告を出してきたGMは、09年の破産保護申請後、広告を中断したが、2年ぶりに復帰する。 シボレーを積極的に知らせるという戦略だ。 BMWも10年ぶりにスーパーボウルの広告にカムバックする。 ベンツは初めてスーパーボウル広告に顔を出す。

【ホットクリック】

・【取材日記】危険な民族主義か、奇誠庸のパフォーマンス
・国の債務1000兆円時代…「日本は爆発を待つ時限爆弾」
・韓国初の気象衛星、日本新燃岳の噴火を観測
・【写真】マリリン・モンローの服を着た金正日
・KARAの3人と所属事務所、突然の和解ムード…なぜ?
 
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事